ハイデガーの哲学 『存在と時間』から後期の思索まで (講談社現代新書)
ハイデガーは20世紀最大の哲学者だが、彼にはナチスの暗い影がつきまとう。ドイツではナチスにかかわるものはすべて禁止なので、たとえばマルクス・ガブリエルはハイデガーを「筋金入りの反ユダヤ主義信者」、「完璧なまでのナチのイデオローグ」とこき下ろし、読むのをやめろという。

そういう偏見をさらに強化したのが、死後に発見された黒いノートである。2014年から刊行され始めたこの34冊に及ぶノートは、ハイデガーが備忘録として書いたもので、公開を前提としていなかったが、そこには一見して反ユダヤ主義が露骨に表現されていた。1939年のノートで、ハイデガーはそのころ始まった第2次世界大戦についてこう書いている。

端的に無目的性をめぐって戦われ、したがってせいぜい「戦い」の戯画でしかありえないこの「戦い」において「勝利する」のは、何者にも拘束されず、すべてを利用可能なものにする「地盤喪失性(ユダヤ性)」である。

これはユダヤ人が白人同士を戦わせて世界を征服しようとしているという陰謀論と読まれ、それまでハイデガーを擁護していた人も、ハイデガーが反ユダヤ主義だったことを認めた。

そうだろうか。そこにはもっと深い思索が含まれていたのではないか。ニーチェやハイデガーのような「黒い哲学」を切り捨てたために、戦後のドイツ哲学はガブリエルのような退屈な優等生ばかりになったのではないか。

続きは2月26日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)