政府と日銀が「2%のインフレ目標」を決めた2013年のアコードを改正する方向で検討しているようだ。


これはテクニカルな話のようにみえるが、アベノミクスを否定する10年ぶりの大改革である。その内容はまだわからないが、私が2年前に紹介したWoodford-Xieの理論と似ている。

この論文はむずかしいが、結論をざっくりいうと、低インフレ・ゼロ金利の時代には、中央銀行が通貨供給でインフレを防ぐフリードマン以来の金融政策は無意味で、その主要な役割は財政ファイナンスのコントロールになったので、インフレ目標から金利目標に変えるべきだということだ。

これはアコードだけではなく、日銀の独立を定めた日銀法や、国債の日銀引き受けを禁止する財政法など、経済政策の「戦後レジーム」を否定する改革になるかもしれない。

続きは12月19日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)