古墳とはなにか 認知考古学からみる古代 (角川選書)
日本古代史の大きな謎は、古墳である。全国に15万もあり、最大の大仙古墳(いわゆる仁徳天皇陵)は、全長486メートル。建設には20年かかり、当時のGDPの半分が費やされたともいわれる。

この巨大な墓に実用的な意味はまったくないが、3世紀に農耕が大規模化し、階層分化が起こった時期に生まれたので、豪族の権威を示すために巨大な陵墓がつくられたものと思われる。これを「**天皇陵」と呼ぶのは根拠がなく、大仙古墳がつくられた5世紀前半には、まだ各地に地方国家が分散していた。

スクリーンショット 2022-11-29 152222
大仙古墳(大阪府観光局)

地方豪族の競争の中から、国家を代表する「倭王」と呼ばれる王が出てきて、その権威を誇示するために大きな墓をつくったものと思われる。ところが国家が統一されて倭王の権威が高まった5世紀後半から、古墳は縮小し、普通の墓になってしまう。それはなぜだろうか。

続きは12月5日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)