統合政府(政府+日銀)のバランスシートで問題なのは、資産と負債の差額「△534兆円」である。これは債務超過なので、今後のプライマリーバランス黒字の累計が534兆円以上ないと返せない。これは明らかに不可能だが、それが財政破綻の証拠なら、今ごろハイパーインフレになっているだろう。

普通の企業では、返す見込みのない借金を背負った企業の社債には、高い金利(リスクプレミアム)がつく。たとえば楽天グループが発行するドル建て社債の金利は12%だが、国債の金利はほぼゼロである。政府債務を完済する必要はなく、借り換えで将来世代に先送りできるからだ。

しかし世界的に金利が上がり、日銀もゼロ金利からの出口を考える時期になってきた。ここで問題は、日銀の保有国債や日銀当座預金の金利が上がることだ。これを避ける一つの方法は、岩村充氏の提案のように日銀の保有国債を永久国債で借り換えることだ。いま話題の「防衛国債」も、永久債にしてはどうだろうか。



これは実質的には政府紙幣を発行して日銀が買い取るのと同じで、日銀はそれを日銀券で買えば、統合政府のBSから消すことができる。問題は債券市場が、このような借り替えで政府の返済能力に疑問を抱き、市中に流通する国債の金利が上がることだ。

続きは11月28日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)