古代ギリシアの民主政 (岩波新書 新赤版 1943)
デモクラシーは二重に誤解されている。その語源は古代ギリシャ語のdemos(民衆)とkratia(権力)だから、日本語としては「民衆支配」ぐらいだが、GHQが「民主主義」という理想として広めたので、日本では無条件の善だと思われている。

しかし古代ギリシャのdemocracyは衆愚政治という意味で、プラトンもアリストテレスも否定的な意味でしか使っていない。これは18世紀まで同じで、フランス革命の理念は「自由・平等・博愛」であって、デモクラシーではなかった。合衆国憲法には「人民主権」という規定はなく、大衆が政治を直接支配しないように周到に設計された。

デモクラシーという言葉が肯定的に使われるようになるのは、第1次大戦後である。ドイツで世界初の普通選挙を定めたワイマール憲法ができ、冷戦時代には、政治的自由のない社会主義に対して「民主主義」の価値が強調されたが、これは対立概念になっていない。個人の自由を尊重するのは「自由主義」である。

本書はそういう誤解を離れ、歴史的に存在した古代ギリシャのデモクラシーを実証的に再現したものだが、それは次のような点で現代の民主主義とはまったく違う。
  • アゴラで行われた民会に集まったのは市民の代表ではなく(女性と外国人と奴隷を除く)市民全員である。
  • ポリスに市長のような代表は存在せず、投票は選挙ではなく意思決定の手段である。
  • 行政を執行する評議会や裁判を行う裁判官は、市民の中から抽選で選ばれる。
特徴的なのは、すべてのポリスに一貫して代表がいない無頭性である。僭主になりそうな人物は、陶片追放(オストラシズム)で追い出した。この「順繰りに支配し支配される」当番制は、議会制民主主義より(本書も指摘するように)日本の村の「寄り合い」に近い。

続きは10月31日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)