来年度予算に向けて、いろんな観測気球が飛ぶ季節になりました。今年の最大の焦点は防衛費。それを建設国債でまかなうべきだとか「防衛国債」を発行すべきだといった議論がありますが、基本的なことを整理しておきましょう。

Q. 建設国債って何ですか?

日本の財政の一般会計はすべて税金でまかなうことが原則で、国債で借金するときは国会の承認が必要です。これを特例公債といいますが、普通は赤字国債と呼ばれます。

しかしそのうち財政法4条で「公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額(予算)の範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる」と例外を定めており、これが建設国債と呼ばれています。

続きはアゴラ