8月の貿易赤字が過去最大の2.8兆円になったことが話題になっている。この最大の原因はウクライナ戦争による資源価格の上昇だが、輸出がほとんど伸びなかったことも響いた。所得収支はまだ黒字だが、両方を合計した経常収支は今後マイナスになるだろう。

bpgaiyou202207a

これは一時的な現象ではなく、これから日本は経常収支が赤字の国になるだろう。キンドルバーガーの国際収支発展段階説によれば、次のような段階を追って経済は成長して成熟し、衰退する。
  1. 途上国:貿易収支は赤字で、金融収支は黒字(借り入れ)
  2. 成長国:貿易収支は黒字になるが、所得収支は赤字なので経常収支は赤字
  3. 輸出国:経常収支が黒字になり、金融収支は赤字(貸し出し)
  4. 債権国:貿易収支と所得収支が黒字になリ、経常収支は大幅な黒字
  5. 成熟国:貿易収支は赤字になるが所得収支は黒字で、経常収支の黒字が縮小
  6. 衰退国:経常収支が赤字になって金融収支が黒字になる(対外資産を取り崩す)
日本でいうと、戦前は1の段階だったが、1960年代までは2で、1970年代以降は3から4になった。2010年代以降は5になり、これから6になるだろう。これは大英帝国がこの200年にたどった変化を、駆け足で追いかけている。

スクリーンショット 2022-09-17 171939
イギリスの経常収支(イングランド銀行)

イギリスは20世紀にはずっと貿易赤字だったが、これを植民地からの搾取(所得収支)で補い、経常収支は大幅な黒字だった。第2次大戦で植民地を失って大幅な赤字になったが、ポンドを切り下げて黒字にした。この過程で資本が海外に流出し、イギリスは今も世界最大の債権国である。

img_c0a35f8314ac16ddddaa1315eef0fb8716973

続きは9月19日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)