世界経済 大いなる収斂 ITがもたらす新次元のグローバリゼーション
先進国の長期停滞の背景にあるのは、グローバルな産業構造の変化である。歴史の大部分で世界の最先進国は中国だったが、ヨーロッパの植民地支配で19世紀以降の大分岐が始まり、ヨーロッパとアジアの格差が拡大した。それが1990年以降の大収斂で逆転し始めたのだ。

大分岐をもたらしたのは、第1のアンバンドリングだった。ローカルに閉じていた伝統社会がヨーロッパ諸国の植民地支配で統合され、貿易が始まった。商品はローカルな社会からアンバンドルされて国際的に流通する一方、情報は国内に閉じていたので、東西の格差が広がった。

それに対して大収斂をもたらしたのは、第2のアンバンドリングだった。コンピュータや通信の発達によってグローバルな情報の流通コストが下がり、高技術国から技術をアンバンドルして低賃金国に移転する水平分業が急速に進んだ。これによってアジアが豊かになり、1820年から上がっていた先進国のGDPシェアが、1990年から下がり始めた。

baldwin
世界のGDPに占める先進国(G7)のシェア


続きは4月1日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。