ヨーロッパ精神史入門―カロリング・ルネサンスの残光イノベーションについて考えていると、経済学よりも哲学――それも近代以前の哲学にヒントがあるような気がする。経験から「帰納」によって理論をつくることができないことを明らかにしたのはヒュームだが、帰納に代えてアブダクションという概念を提唱したパースの発想のヒントは、中世の哲学者ドゥンス・スコトゥスだった。

スコトゥスなどいっても誰も知らないだろう。ウィリアム・オッカムとの普遍論争は世界史の教科書にも出ているが、スコラ哲学のくだらない観念論としてしか知られていない。しかし著者は、この論争をパース以降の記号論の観点から再評価する。スコトゥスなどの実在論(realism)は「犬」という本質がまずあって、それがポチやタロウという個体に具現されると考えたが、オッカムなどの唯名論(nominalism)は、存在するのはポチという個体だけであり、犬という普遍はその集合の名称にすぎないと考える。

しかしポチやタロウの集合が犬だというのは、論理的にはおかしい。ポチを犬という集合の要素として分類するためには、犬という集合の定義(判別関数)がわかっていなければならないが、その定義を決めるには、ポチは犬だがミケは犬ではない、などと分類しなければならない。それには、まずポチが犬かどうかわかっていなければならない。

・・・といった堂々めぐりが100年近く続き、最終的には唯名論が近代哲学への道を開いた。個体だけを実在とみなし、普遍的な絶対者(神)を否定する唯名論は、実証主義や功利主義などの啓蒙思想の元祖だった。しかし独立な個人の「効用」を集計した「社会的厚生」を最大化するという経済学の功利主義は、センも証明したように論理的な矛盾をはらんでおり、社会的な意思決定の基準にはなりえない。

普遍論争は今も続いている、と著者はいう。プラトン以来の「本質の現前」としての存在論を否定したニーチェ以降、ポストモダンに至る20世紀の思想の主流は極端なノミナリズムだったが、クワインなどの科学哲学やレイコフなどの認知言語学は、ホーリズムに少し戻っているように見える。それは個人主義や功利主義にもとづく現代の社会が不安を抱え、合理的個人を仮構する経済学がゆらいでいることとも無縁ではないだろう。