タイトルは「あらゆる情報がデジタルに分解されて流通・蓄積される」というほどの意味だ。中心はもちろんインターネットだが、技術的な説明はあまりなく、それが社会に及ぼすプラス・マイナス両方の影響を、いろいろな具体例をあげて解説している。たとえばRIAAが5年間に26000人を著作権侵害で訴え、10億ドル以上の賠償金を取ったという話などをみると、JASRACなんてまだかわいいほうだ。

もう一つの重要な話題はプライバシーだが、「プライバシーはすでに失われている」と私の昔のコラムみたいなタイトルがついている。グーグルで私の名前を検索したら130万件も出てくる時代に、住基ネットとかストリートビューに騒ぐのはアナクロニズムである。本書も引用している"Tranparent Society"のいうように、本来の意味でのプライバシーというのは個人の隠している秘密だから、その侵害を防ぐには、むしろ誰がどんな情報をもっているかをウェブで徹底的に公開したほうがいい。

本書に一貫しているのは、デジタル・ネットワークによってあらゆる情報が自由に流通することは避けられないし、避けるべきでもないという立場だ。これは表現の自由は民主主義の絶対原則であり、著作権とかプライバシーなどはそれに優越するものではないという米国憲法修正第1条の精神である。一時的には、インターネットによって権利侵害やクリエイターの減収などが起こるかもしれないが、そういう問題を克服する技術も、インターネットの自由が保証されていれば開発でき、新しい収入の道も開ける。ところが今は、P2Pのようにクリエイターの利益になる技術さえ違法化されている。

当ブログの読者にとっては、やや物足りないかもしれないが、インターネットの社会的影響についてやさしく書いた本というのは意外に少ないので、一般のビジネスマンにはいいかもしれない。