Web2.0と呼ばれるユーザー参加型のメディアが隆盛をみせていますが、その質については賛否両論があります。特に日本では、「2ちゃんねる」に代表される匿名メディアの影響で、ネット上の言論の質が低下しているとの批判も聞かれます。

他方、こうしたメディアとしてもっとも成功したウィキペディアも、経営的に曲がり角にあるともいわれます。今回のシンポジウムでは、 ウィキペディアの創立者、ジミー・ウェールズ氏の来日を機に、こうしたメディアの可能性と問題点、既存メディアとの関係、あるいはその「日本的」特質などを考えます。

主催:情報通信政策フォーラム(ICPF)

日時:3月23日(金)13:30-17:30

場所:NHK千代田放送会館
 東京都千代田区紀尾井町1-1(地図
 電話:03-3238-7401

開場:13:00

第1部:13:30-15:20
 ジミー・ウェールズ「ウィキペディアの未来」
  コメント:西和彦(ICPF代表)
  (通訳つき)

第2部:15:30-17:30
 ブロガー討論会「日本のブログはこれでいいのか」
  磯崎哲也(磯崎哲也事務所 代表)
  小飼弾(オープンソース・プログラマー)
  佐々木俊尚(ジャーナリスト)
  原淳二郎(ICPF理事)
  司会:池田信夫(ICPF事務局長)

入場料:5000円(学生2500円)
  ICPF会員は無料(会場で入会できます)

申し込みはinfo@icpf.jpまで電子メールで氏名・所属を明記して
(先着順で締め切ります)