米ヤフーの株価が急落している。年初から40%も下がって、時価総額でグーグルの1/4まで落ち込み、社内では危機感が広がっている。それを示すのが、WSJが「ピーナツバター宣言」としてすっぱ抜いた内部文書だ:
当社の戦略は、オンラインの世界で進化し続ける無数の機会にべったりとピーナツバターを塗りたくるようなものだと聞いたことがある。その結果、事業のすべてにわたって薄く広く投資し、どこにも特別な焦点がなくなるのだ。
これを書いたのは、上級副社長のBrad Garlinghouse。彼はヤフーの欠陥として、次の3点をあげている:
  • 焦点のはっきりし一貫した企業理念の欠如
  • 信賞必罰と説明責任の欠如
  • 意思決定の遅れ
まぁ大企業病の症状としては当たり前で、その処方箋にも意外性はないが、幹部がそれを自覚しているところが救われる。日本では、885社も連結子会社を抱え、550億円も赤字を出して株価がボロボロになっても、社長がまだ「シナジーの創出」を訴えている会社があるのだから恐れ入る。ちなみに、この会社の従業員数は連結でグーグルの40倍だが、時価総額は1/8である。日本のどこに「市場原理主義」や「株主至上主義」があるのか、見せてほしいものだ。

追記:TechCrunch日本語版に、この宣言の和訳が出ている。これは派閥抗争にからんでいるようだ。