エネルギー

東電を分社化して原発事故処理の国民負担を明確化せよ



きのうの言論アリーナでは、東芝と東電の問題について竹内純子さんと宇佐見典也さんに話を聞いたが、議論がわかれたのは東電の処理だった。これから30年かけて21.5兆円の「賠償・廃炉・除染」費用を東電(と他の電力)が負担する枠組は可能なのか。そして望ましいのか。

続きはアゴラで。

【GEPR】東電と東芝の会社整理を考える

朝日新聞の「(争論)21.5兆円、私も払う?」という記事で、アゴラにもたびたび登場する竹内純子氏と、反原発派の除本理史氏の意見が紹介されている。

このタイトルは意味不明である。21兆5000億円の「賠償・廃炉・除染」費用が本当に必要なら、誰かが払うしかない。それを東電が払っても最終的には利用者に転嫁され、東電が負担できなければ税金を投入するしかない。「なぜ私企業が起こした事故の尻ぬぐいを、私たちがしないといけないのでしょうか」という除本氏は、金がなくなったら事故処理をやめろというのか。

続きはアゴラで。

原子力は環境・安全性を含めると火力よりはるかに安い

キャプチャ東電の賠償・廃炉費用は21.5兆円にのぼり、経産省は崖っぷちに追い詰められた。世耕経産相は記者会見で「東電は債務超過ではない」と言ったが、来年3月までに債務の処理方法を決めないと、純資産2兆3000億円の東電は債務超過になる。

それは自明の問題として、長期的には原発に存在価値はあるだろうか。2015年の長期エネルギー需給見通し小委員会の試算では、図のように原子力の発電コストは10.1円/kWhで、石炭火力の12.9円やLNG火力の13.4円より安い。このうち「事故リスク対応費用」は0.3円だが、ここでは福島事故の処理費用を12.2兆円と想定している。これが今度21.5兆円になったことで0.3円ぐらい増えるので10.4円程度で、原発の優位性は変わらない。

続きはアゴラで。

原発の事故処理は安倍首相が政治決断するときだ

hairoけさ経産省の「東電改革・1F問題委員会」が開かれ、現在の「支援機構」の体制を来年以降も続けることになった。今年度中に国が手を引く予定だったが、逆に左の表(日経新聞)のように賠償・廃炉・除染などのコストが20兆円を超えることが判明したからだ。

今の想定では、国が支援機構を通じて東電に出資して賠償費用を立て替え、それを東電が経営を再建して返済することになっているが、経常利益3000億円程度の東電には20兆円の債務を返済する能力はない。東電の広瀬社長も記者会見で認めたように、このままでは来年3月に「債務超過になって倒れてしまう可能性」がある。

続きはアゴラで。

原発事故のコストを新電力に負担させるのは憲法違反だ

経産省は、福島第一原発事故の賠償や廃炉の費用を託送料に上乗せし、新電力にも負担させる案を有識者会合に提示した。経産省は「事故被災者への賠償費用は過去に事故に備えてすべての電力利用者の料金に上乗せしておくべきだった」と非論理的な理由をつけているが、それは役所の過失である。

これまでも原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、東電の事故の賠償費用を他の(事故と無関係な)電力会社に負担させており、立法の際に内閣法制局が「財産権の侵害だ」と難色を示した。経産省は「保険」という名目でごまかしたが、事故後に払う保険料などというものはない。今回の案はそれを新電力にも拡大するもので、明らかに憲法29条に定める財産権の侵害だ。

このような筋違いのコスト負担が今まで続けられてきたのは、経産省の責任転嫁に文句をいえない電力会社が黙っていたからだが、今度は新電力も対象だ。役所に遠慮しないで、行政訴訟を起こすべきだ。

続きは11月14日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。

核燃料サイクルのオプション価値

Antifragile: Things that Gain from Disorder
GEPRに書いたコラムを、少し学問的に説明しておこう。ここで書いたのは、経済学でいうナイトの不確実性である。これは定量化できるリスクとは区別される概念で、金融危機や戦争のように、予想できないが起こると大変な出来事をいう。

これはタレブのいうantifragileの問題で、ざっくりいうと最悪の事態が起こっても壊れないようにシステムを設計することだ。従来の経済学の概念でいうと、オプション価値を高めることに近い。核燃料サイクルの失敗の原因は、原子力村でも「規制の虜」でもなく、物理学者が技術の期待値を予想できると考え、失敗したときのオプションを考えなかったことだ。

続きは11月7日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。

原発から原爆はつくれるのか



私が初めて原発の取材をした1980年ごろは、ゲンパツという言葉を使うのは反対派だけで、電力会社は「原電」と呼んでいた。原発という略称は、原爆とまぎらわしく聞こえるように反対派がつくったものだ。先日の専門家との討論会では、この番組の後のオフレコの部分で「使用ずみ核燃料から原爆はつくれるか」が話題になった。

結論からいうと、理論的にはつくれるが、実際にはきわめて困難だ。使用ずみ核燃料を再処理して原子炉級プルトニウムを抽出すると、原爆をつくることはできるが、核弾頭は無理だという。これ以上は微妙な問題があるので、10月31日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。

「もんじゅ」のあと核燃料サイクルをどうするか

高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉決定を受けて、7日に政府の「高速炉開発会議」の初会合が開かれた。議長の世耕弘成経済産業相は冒頭で「高速炉の開発は必要不可欠だ」と述べた。これは高速増殖炉(FBR)に限らず広く高速炉(FR)を開発することを示唆しており、FBR一本槍の従来の方針からは一歩前進だ。

キャプチャ

しかし全量再処理という方針は維持し、次世代についてもフランスと共同開発の始まっている高速増殖炉ASTRIDに一本化するようだ。これではまたもんじゅと同じ過ちを繰り返すおそれが強い。根本的な問題は、核燃料サイクルが前提にしている天然ウランの埋蔵量が正しいのかということだ。

続きは10月10日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。

もんじゅの死刑宣告



高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉がやっと決まった。私も昔から言ってきたように、今までいくら投資したかはサンクコストで、考えるべきではない。しかしこの番組で澤田さんも言っているように、研究開発拠点としてのもんじゅには意味がある。もんじゅが問題を起こすのは運転しているためで(広義の)高速炉の研究開発に純化すればよい。

ただ核燃料サイクル全体をやめるかどうかは別の問題だ。サンクコストを忘れて今後のキャッシュフローだけ考えても、化石燃料の消費をこれから増やすべきかどうかは疑問がある。たとえば炭素税を5000円/トンぐらいにすれば、原発のほうが火力発電より安い。

続きは9月26日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。

ドイツの失敗の後を追う日本



日本とドイツは第2次大戦の「負け仲間」だが、国民性にも似た面が多い。ユーロ安と移民流入のおかげで「ドイツ帝国」などといわれていたが、最近は一人あたり実質GDPでみるとほとんどゼロ成長で、日本と大して変わらない。おまけにイスラム系移民が問題を起こし、メルケル政権は危機に瀕している。

「インダストリー4.0」などというバズワードもドイツがはやらせようとしたが、日本人ぐらいしか使わない。これも「すり合わせ」みたいな古い話で、ITの世界ではドイツも日本も劣等生だ。エネルギー問題でも脱原発という誤った選択をし、間違いに気づいたが後戻りできない。ヒトラーが13年も政権にいた「惰性」の強さもよく似ている。

それでもドイツは日本のようにいきなり原発を全部止めたのではなく、20年かけて徐々に減らす計画だ。その代わり再生可能エネルギーに補助を出したら、電気代が2倍になってしまった。さらにそのバックアップに褐炭を使うので、大気汚染の死者は増えてしまった。日本でも、これから同じことが起こるだろう。

続きは8月29日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。






title
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons