Misc

アゴラ起業塾 藤末健三氏「民主党のベンチャー政策を問う」

10月の「アゴラ起業塾」は、民主党の参議院議員、藤末健三氏をおまねきすることになりました。藤末氏は通産省から東大助教授を経て2004年に参議院選挙に当選し、民主党の青年局長をつとめておられます。ハイテク分野に強く、「ツイッター議員」としても知られています。

政権交代は実現したものの、経済はなかなか明るい兆しが見えません。民主党の経済政策は成長戦略がはっきりせず、規制改革という言葉さえありません。成長のエンジンである起業やイノベーションについての政策もなく、バラマキ福祉に片寄った印象はまぬがれません。この機会に、民主党は日本経済をどうしようとしているのかを藤末氏に語っていただき、参加者のみなさんから政府に注文をつける場にしたいと思います。

日時:10月23日(金)18:00 開場18:30 開演
会場:情報オアシス神田
主催:アゴラ起業塾実行委員会
定員:100名(先着順で締め切ります)
入場料:7000円(懇親会費込み)学生は4000円(当日学生証をお持ちください)

第1部:講演藤末健三氏
    コメンテーター:西和彦(アゴラ起業塾長)
    司会:池田信夫(アゴラ管理人)

第2部:懇親会20:00~21:00(食事・飲み物を用意しています)

名刺交換等みなさまとの交流会を行います。
お食事お飲物をご用意しております。

申し込みはこちらからお願いします。

バフェットの「ケータイ音痴」がリーマンを破綻させた?

磯崎さんのツイッター経由で知ったが、「ウォーレン・バフェットがリーマンを破綻させた」という都市伝説は本当だったようだ。彼に対するCNBCのインタビューによれば、バークレイズがリーマンを買収するには、同社の保有する「毒入り資産」についての米政府の債務保証が必要だったが、財務省は株主の同意を要求した。バークレイズの首脳は、バフェットが出資を約束すれば財務省を説得できるかもしれないと考えて、土曜(9月13日)の夜8時に彼の携帯に電話したが・・・
Buffet: Oh, I got a call. I was in Edmonton at a social event. I was at the hotel at about 6:00 or so Edmonton time. [...] They described the transaction to me that I really couldn't grasp quickly. And so I asked them to send me a fax at the hotel. When I got back to the hotel that night around midnight, there was no fax.
なぜバークレイズの連絡は途切れたのだろうか。Telegraphによれば、実はバークレイズの首脳は(たぶんファックスが使えないため)追加情報をバフェットの留守電に入れたのだが、彼が留守電の使い方を知ってそのメッセージを聞いたのは、10ヶ月後だった。バフェットの結論は、
“Don’t try to get in touch with me by cell phone.”

アゴラ起業塾 連続セミナー 「停滞と成長の経済学」

アゴラ起業塾では、10月から毎月、連続セミナーを行なうことになりました。第1シリーズは私が新著『希望を捨てる勇気』をテキストとして4回連続で行ないます。

政権は変わりましたが、かつての細川政権の誕生のときのような熱狂はありません。これまで国民は、改革を期待しては裏切られ続けてきたからです。いま日本に必要なのはバラマキ福祉ではなく、成長が永遠に続いてその成果を平等に分配すればみんながハッピーになれるという希望を捨てることではないか――そう書いたブログ記事が思いがけず多くのアクセスを集めたことが、本書を書くきっかけでした。

本は一般向けに書いたので、理論的な説明や参考文献などは省略していますが、連続セミナーでは具体的なデータや経済理論にもとづいて、不況や雇用問題の原因を日本型資本主義の成り立ちから考えます(旧著も参照)。また「ものづくり」だけに依存した産業構造を脱却して情報産業のイノベーションを生み出す戦略を考え、ビジネスマンや起業家にも役立つ内容にしたいと考えています。1回2時間で、前半1時間は講義、後半をディスカッションにあてます。いわばビジネススクールの集中講義のようなもので、内容は以下のような予定です。
  1. 「格差社会」はなぜ生まれたのか
  2. 日本的経営の成功と限界
  3. 長期停滞から成長戦略へ
  4. イノベーションと起業家精神
講師:池田信夫(アゴラ管理人)
日時:10月7、14、21、28日(毎週水曜) 18:30~20:30
会場:都市センターホテル(東京都千代田区平河町2-4-1) 6階小会議室
定員:30名 締め切りました
料金:4万円(4回セット)学生2万円
   9月25日までにお申し込みの方は3万円(学生1万5000円)
   参加者にはテキストを差し上げます

お申し込みはこちらから

アゴラ起業塾 第3回 木村剛氏「官製不況を打破しよう」

8月は「アゴラ起業塾」は夏休みとし、9月は木村剛氏をお招きします。木村氏は日本銀行を経てKPMGフィナンシャルサービスコンサルティング(現・株式会社フィナンシャル)を設立し、竹中平蔵・経済財政担当相のもとで金融再生プログラムの作成に参加されました。日本振興銀行を設立するなど、ベンチャー企業の育成に携わってこられました。

最近は「格差を拡大したのは小泉・竹中改革だ」という類の話が与野党から出てきますが、本当でしょうか。竹中チームのメンバーだった木村氏に、その意味を語っていただきます。また貸金業法などの規制強化による「官製不況」の原因を考え、ベンチャー企業がそれにどうやって立ち向かえばいいかを議論します。

日時:9月25日(金)18:00 開場18:30 開演
会場:情報オアシス神田(地図
主催:アゴラ起業塾実行委員会
定員:100名(先着順で締め切ります)
入場料:7000円(懇親会費込み)学生は4000円(当日学生証をお持ちください)

第1部:講演「官製不況を打破しよう」18:30~19:45
 講師:木村剛(金融コンサルタント)
 コメンテーター:西和彦(アゴラ起業塾長)
 司会:池田信夫(アゴラ管理人)

第2部:懇親会20:00~21:00(食事・飲み物を用意しています)

申し込みは、こちらの申し込みフォームからお願いします。

特別セミナー「自民党と民主党に情報通信政策を聞く」

未曾有の経済困難ともいわれる昨今、脱出策の一つとして情報通信に注目が集まっています。アメリカではオバマ政権が全産業分野に情報通信の利点を適用して産業を活性化させようと動いています。電力網を再構築するスーパーグリッド計画では当然、グリーンニューディールでも情報通信は重要な役割を担っています。わが国でも本年6月に総務省の「ICTビジョン懇談会」が最終報告を発表するなど、情報通信重視の方向への動きが見られます。

まもなく衆議院選挙が実施されますが、政権を争う自民党と民主党はどのような政策を掲げているのでしょうか。今回はNPO情報通信政策フォーラムとNPOマニフェスト評価機構の共催で、両党の政策担当者にご出席いただくセミナーを次の通り開催します。

日時:2009年7月24日(金)18:30~20:30

会場:虎ノ門パストラル 新館6階 ロゼ
(地下鉄日比谷線神谷町駅4b出口より徒歩2分、銀座線虎ノ門駅2番出口より徒歩8分)

<プログラム>
18:30 開催挨拶 マニフェスト評価機構
18:35 自民党の情報通信政策 世耕弘成(参議院議員)
19:05 民主党の情報通信政策 内藤正光(参議院議員)
19:25 会場からの質疑応答、両党間での討論等
20:25 閉会挨拶 情報通信政策フォーラム

会場費:2,000円 ※情報通信政策フォーラム会員、マニュフェスト評価機構会員は無料
(情報通信政策フォーラムには会場でご入会いただけます)

定員:120名 ※先着順。定員に達し次第、受付を終了いたします。

参加お申し込み:次の申し込みフォームよりお申し込みください(フォームをご利用いただけない場合は、件名に「共催セミナー参加希望」とご明記の上、infor@icpf.jp までメールにてお申し込みください)。

第2回アゴラ起業塾 堀江貴文「徹底抗戦 日本経済にもの申す!」

現在の日本には、閉塞感が漂っています。その原因は単なる不況ではなく、新しいことをやろうとすると「コンプライアンス」やら「セキュリティ」やらを理由にして妨害され、既存の秩序にチャレンジする者を排除する空気が強まっています。こうした閉塞状況の生まれる一つのきっかけが、3年前のライブドア事件でした。

新しい事業を興すことはつねに闘いであり、大きなリスクがともないます。今回の起業塾では堀江氏をまねき、ベンチャーの楽しさとリスク、法廷での闘いや日本経済への批判、そして今後の事業への夢などを自由に語っていただき、議論したいと思います。

ライブドア事件以来、堀江氏が一般の人々の前で講演するのは今回が初めてです。この機会をお見逃しなく、お早めにお申し込みください。

講師:堀江貴文(ライブドア元社長)
コメンテーター:西和彦(アゴラ起業塾長)
モデレーター:池田信夫(アゴラ管理人)

日時:7月31日(金)18:00 開場
講演:18:30~20:45(コメント・質疑応答含む)
会場:東京国際フォーラム(地図)D5ホール(会場が変更になりました
主催:アゴラ起業塾実行委員会
定員:120名(定員に達したので締め切りました)
入場料:5000円(学生は4000円(当日学生証をお持ちください)
お申し込みは、こちらの申し込みフォームからお願いします。

※今回は懇親会はありません。飲食物の持ち込みはできません。
※荷物検査をさせていただく場合があります。

安心ネットワークと信頼ネットワーク

3年ぐらい前からFacebookのアカウントはもっていたのだが、海外の友人にメールを出すときぐらいしか使っていなかった。しかし最近、Gmailのアドレス帳にある全員をFacebookが自動的に招待する機能ができ、私がうっかりそれを承認してしまったため、多くの人に招待状が届いたようで、申し訳ありません。

おかげで一挙にたくさん日本人のFacebook friendsができ、日本語と英語のメッセージが混在するようになった。比べてみると、日英のコミュニケーションの違いがわかっておもしろい。英語のメッセージは、オバマ政権の批判などの意見が多いが、日本語のほうは圧倒的にmixi的な日記だ。

またプロフィールをみると、欧米人は100人とか200人とか友人がいるのに対して、日本人は10~20人。これはもちろんFacebookが英語ベースだという理由があるだろうが、「友人」の概念に違いがあると思う。欧米で飛行機や長距離列車などに乗り合わせると、よく隣の人が「日本から来たの?」などと話しかけてくる。未知の人とのコミュニケーションの敷居が低いのだ。これに対して、日本では「赤の他人」に話しかける習慣はない。

これは山岸俊男氏の一連の研究でもおなじみの定型的事実で、ゲーム理論で合理的に説明できる。日本のような安心社会では「一見さん」を仲間に入れないことが長期的関係のレントを維持する上で重要なのだ。しかしこれはネットワークを広げる上では不便なので、まず相手を信頼して取引し、裏切り者は法的に処罰するのが欧米型の信頼社会である。

Greifの研究によれば、こういう2種類のネットワーク(マグレブ型とジェノア型)が混在するときは、ネットワークがグローバルに広がるにつれて後者(信頼ネットワーク)が前者(安心ネットワーク)を駆逐してしまう。さてFacebookの信頼ネットワークは、日本で広がるだろうか?

ICPFセミナー「情報通信法に関わる動向」

情報通信政策フォーラム(ICPF)では2009年度上半期セミナーのテーマを「情報通信政策」に定め、連続して取り上げていくことにしました。第2回は進行しつつある「情報通信法に関わる動向」について、総務省の谷脇康彦課長に話していただくことになりました。

スピーカー:谷脇康彦氏(総務省国際戦略局情報通信政策課長)
モデレーター:山田肇(ICPF事務局長・東洋大学経済学部教授)

日時:6月25日(木曜日)18:30~20:30
場所:東洋大学・白山校舎 6207教室(6号館2階)
東京都文京区白山5-28-20(地図
資料代:2000円 ※ICPF会員は無料(会場で入会できます)

参加申し込み:下記の申し込みフォームよりお申し込み下さい(フォームが表示されない場合は「第2回セミナー参加希望」と明記した上で、infor@icpf.jpまでメールにてお申し込み下さい)。

第1回アゴラ起業塾 夏野剛氏

30日のシンポジウムには、予想以上のみなさんにお集まりいただき、ありがとうございました。このエネルギーを持続的に生かしていくため、「アゴラ起業塾」と題して月1回セミナーと交流会を行なうことにしました。

第1回の講師は夏野剛氏。1990年代にネット企業「ハイパーネット」を起業し、NTTドコモでは「iモード」を立ち上げた、ITベンチャーの先駆者です。現在は多くの企業の社外取締役として活躍するほか、慶応大学で教壇にも立っておられます。こうした経験をふまえ、ベンチャー企業の陥りやすい失敗事例や大企業での新規事業の立ち上げ方について話していただき、モバイル業界を中心に、これからの起業について議論します。

日時:6月26日(金)18:00 開場
会場:情報オアシス神田(地図
主催:アゴラ起業塾実行委員会
定員:100名(受け付けは終了しました
入場料:7000円(懇親会費込み)学生は4000円(当日学生証をお持ちください)
申し込みはフォームから

第1部:講演「モバイル・ウェブの可能性」(仮題)18:30~19:45
 講師:夏野剛(慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授)
 コメンテーター:西和彦(アゴラ起業塾 塾長)
 司会:池田信夫(アゴラ管理人)

第2部:懇親会 20:00~21:00(食事・飲み物を用意しています)

小倉秀夫弁護士による名誉毀損について

小倉秀夫弁護士は、今日のブログ記事で次のように書いている:
池田信夫さんが今度また解雇されたときには研究者として大学や研究機関へ就職をするのではなくおいしいラーメン屋となる道を選ぶとか[・・・]
彼が「また解雇されたときには」と書いているのは、私が「一度は解雇された」ことを前提にしているが、私は一度も解雇されたことはない。以前の記事にも書いたように、国際大学グローコムの公文俊平が私を含む3人に対して「雇用契約が存在しない」という荒唐無稽な通告(国際大学の文書ではなく公文の私的な手紙)をしてきたことはあるが、それは裁判所における和解で無効とされ、国際大学は通告が存在しないことを確認した。2004年12月21日付の和解事項は次のとおりである:
  1. 本件及び別件訴訟にかかる債権者[池田]と債務者[国際大学]の間の紛争が、平成16年12月21日、円満に解決したこと
  2. 債権者が平成16年4月1日から平成17年3月31日までの1年間グローコムの教授であることが確認されたこと
したがって法的には、私が「解雇された」という事実は存在しない。この事件の本質は、公文の贈賄・背任容疑を私および当時の副所長が指摘したことを公文が逆恨みして起こしたものであり、東京地検特捜部も捜査した刑事事件である。和解の当時は、捜査がまだ進行中だったため事実関係を公表しなかったが、結果的には立件されなかったので、求められれば証拠書類を見せる用意もある。

小倉弁護士はこれまでにもたびたび私に対して中傷を繰り返しているが、私が大学を解雇されたという虚偽によって「問題人物」であるかのようにほのめかすのは、通常の言論活動を逸脱して私の名誉を毀損する行為である。このブログ記事を撤回して、謝罪するよう求める。撤回も謝罪も行なわれない場合には、法的措置をとることも検討する。






title




連絡先(取材・講演など)

記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons