Books

ミラーニューロン

ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
他人の感情を理解するメカニズムとして、一時期の脳科学では他人の行動から感情を推論するアルゴリズムを想定したが、これではたとえば親子の愛情などは理解できない。

リゾラッティたちは90年代初めに、偶然「人の気持ちがわかる」ミラーニューロン発見した。猿がものをつかむと発火するニューロンを調べる実験で、猿が休んでいるとき、たまたま観察している人間がものをつかむと、同じニューロンが発火したのだ。最初その意味はよくわからなかったが、彼らはメルロ=ポンティにヒントを得て、これを認識と身体をつなぐ器官だと考えた。

メルロ=ポンティはカントを批判して、人間の知覚は超越論的主観性のような抽象的観念に支配されているのではなく、身体そのものが主体なのだと論じた。もちろん彼の時代には、具体的にどういう器官が主観性をになっているのかはわからなかったが、もしかするとミラーニューロンがその一部かもしれない。

レイコフなどの言語学者も実験を行ない、人がものを食うとき発火するニューロンが、小説で食事の場面を読んだときにも発火することを発見した。つまり脳の中の言語とか観念によって意思決定が(合理的に)行なわれ、身体はその決まった行動を実行するだけ、というデカルト的な心身二元論が逆転され、むしろ身体や行動からのフィードバックによって言語や観念が形成されることがわかってきたのだ。

この「革命」はまだ進行中なので、その射程がどれほど大きいのか、あるいは経済学のような経験科学で検証可能な結果をもたらすのかどうかはっきりしないが、ニューロエコノミックスではミラーニューロンを扱い始め、アダム・スミスの「共感」とミラーニューロンを結びつける研究も出ている。未来の経済学の教科書は、脳科学の章から始まるようになるかもしれない。

新しい科学革命

本書のハードカバー版は2008年のリーマン事件の前に出版されたが、今年出たペーパーバック版のまえがきで、著者は今回の経済危機こそ彼のメタファー理論の絶好の実例だとのべている。人々が「合理的理論」と信じていたのは効率的市場仮説というメタファーにすぎず、現在のようにその外側で大混乱が起きると、何もいえない。それを理解するには、合理主義のメタファーを括弧に入れて問題をメタレベルで分析する必要がある。

第1部・第2部はブッシュ政権がいかに凶悪な世論操作を行なってきたかというプロパガンダで、いま読む価値はないが、第3部はこれを学問的に論じている。おもしろいのは、前に「認知論的転回」として紹介した社会科学や心理学のいろいろな理論をメタファーに結びつけていることだ。中でも重要な役割を演じるのは、カーネマンなどの行動経済学のフレームの概念で、これをピンカーの心理言語学やゴフマンのフレーム分析や人工知能のフレーム問題とも結びつけている。

注目されるのは、著者がこうしたフレームの脳科学的な基礎を明らかにしていることだ。これがミラー・ニューロンで、ある行動を起こすとき発火するニューロンが、他人の同じ行動を見るだけで発火するというものだ。ミラー・ニューロンは1990年代に発見されて、いろいろな分野で注目されており、著者はこれを行動と認識がフレームで結びつけられていることを示す革命的な発見と評価している。

著者は、こうした新しい科学革命が人文・社会科学の多くの分野で同時に起こっていると論じる。それはデカルト以来のメカニカルな合理性をモデルとする「古い啓蒙主義」を克服し、脳の活動がフレームによって合理的に組織される過程を分析する「新しい啓蒙主義」だという。それは古い啓蒙主義を特殊な部分として説明できる。たとえばチョムスキーの理論でうまく説明できない(所与のカテゴリーでしかない)品詞はフレームの典型で、ニューロンの発火にも対応している。

認知科学の成果を取り入れるのは20世紀の社会科学の主流だったが、経済学だけは古い啓蒙主義で科学性を装うことができたので、こうした潮流とは無関係だった。しかし幸か不幸か古典力学のメタファーは破綻し、多くの研究者が合理主義モデルから逃げ出し始めている。本書で紹介される成果のかなりの部分はCowenと重複しており、著者が賞賛する新しいパラダイムのヒーローはカーネマンである。ようやく経済学も「普通の社会科学」になるのだろうか。

反哲学入門

池袋のジュンク堂で「木田元書店」というのをやっている。といっても、7階の片隅に木田氏の著訳書と蔵書が並べてあるだけだが、入口に本書がたくさん積んであったので、既視感もあったが買ってみた。著者は「反哲学のなんとか」という本を何冊も書いていて、どれも似たような内容だが、本書が一番まとまっていてわかりやすい。

「反哲学」という言葉には、そもそもphilosophy(知を愛すること)を「哲学」などと訳したのが誤訳だという意味もこめられているのだが、解説の中心は何といってもプラトン以来の哲学を全面的に否定したニーチェである。日本では、ニーチェというと『ツァラトゥストラ』の文学的なイメージでとらえられることが多いようだが、あれは本来の「主著」の導入ともいうべき叙事詩で、ニーチェの本質は『力への意志』と名づけられている未完成の遺稿を読まないとわからない。

著者の専門であるハイデガーも、ニーチェの圧倒的な影響を受けており、デリダもドゥルーズもフーコーも「新ニーチェ派」といってもいいぐらい影響を受けている。その原点を著者は、ハイデガーの存在論に求める。彼の本来の思想は『存在と時間』より、晩年の『ニーチェ』講義にわかりやすく書かれている。それはプラトン以来の、世界を(神に)つくられたものと考える西洋の存在論を否定し、存在を世界になるものととらえる存在論で、この点ではニーチェもハイデガーも一致しているのだ。

これは西洋人には非常にむずかしい問題で、ハイデガーも答を出せないまま世を去り、ポストモダン派は「本質の現前としての存在論の解体」の部分しかいわない。しかし著者は丸山眞男の「「つぎつぎに・なりゆく・いきほひ」を引き合いに出し、西洋圏以外ではむしろ世界を誰かがつくったなどという存在論のほうが変なのではないか、と論じる。これが「特殊西洋的な思考法としての哲学を否定する」という反哲学のもう一つの意味だ。

丸山は「つくる」世界観が近代的で、「なる」世界観はアジア的後進性と考え、荻生徂徠に前者の先駆を求めたのだが、これは文献学的にはともかく経済史的には注目すべき論点を含んでいる。産業革命がなぜ18世紀のイギリスで生まれたのか、という難問の答の一つとして、株式会社という人工的組織(Gesellschaft)が重要なイノベーションだったのではないかという説が最近、有力だからである。この文脈で、大塚史学や講座派マルクス主義なども見直す価値があるかもしれない。

ゲゼルシャフトでは、個人を自己完結的な合理的主体と想定する。そういう単純化にもとづいた(新古典派経済学的な)経済システムが効率的であることは、歴史的にも証明されたが、それが不自然で不愉快で不平等なシステムであることも証明された。われわれの社会がもう十分豊かだと思う人は、これ以上の経済成長よりも静かで平等で安定した社会を求める「反資本主義」を構想することも可能だと思う。しかしそれには『蟹工船』レベルのお涙ちょうだいではなく、ニーチェやハイデガーにつりあうぐらいの超人的な知性が必要だ。

いじめの構造

今の日本が直面している本質的な問題は、絶対的貧困でも所得格差でもなく、戦後ずっと維持されてきた日本的中間集団の安定性が崩壊する一方、それを受け止めて変化を調整するシステムができていないことだと思う。それが企業社会では非正社員の問題として出ているのだが、学校では「いじめ」という形であらわれているようだ。

日本の学校は単に勉強する場ではなく、地域の生活や家庭の関係などもすべて反映する共同体になっているため、それに適応できない異端児は、いじめによって全人格的に排除される。いったん排除される対象が決まると、正のフィードバックが生じて他の子供がいじめに「群生」し、ときには自殺のような悲劇的な結果をまねくまで止まらない。

他方、学校もこうした行動にあまり介入せず、子供たちを学校のルールを守って「仲よくさせる」ことで解決しようとする。しかし学校の秩序に子供を組み入れても、問題は解決しない。なぜなら、地域の公共空間から隔離され「閉鎖空間でベタベタすることを強制する学校制度」の構造こそがいじめを生み出しているからだ。

著者はこれを中間集団全体主義とよぶ。日本は戦後、個人を企業や学校などの中間集団に同化させることによって秩序を安定させ、発展をとげてきた。政府は中間集団に介入して保護することには積極的だったが、中間集団内の権力から個人を守ることにはまったく注意を払わなかった。このため個人に過剰な同調圧力がかかり、心理的なストレスを生んできた。そのひずみが今、いじめや非正社員といった形で顕在化しているのだ。

戦後の日本で、よくも悪くも社会のコアになっていた企業や学校などの小集団の求心力が低下した今、中根千枝氏なども指摘するように、もともと日本社会には小集団をコーディネートする構造が存在しないので、混乱を収拾することはきわめてむずかしい。いま永田町で起きている「麻生いじめ」も、こうした日本社会の調整メカニズムの欠如を象徴しているのではないか。

「自閉化」するウェブ

著者は有名な経済ブログ、Marginal Revolutionの管理人。彼もインターネットの現状について怒るのは、「バカが多すぎる」ということだ。したがって今後のウェブの進化のフロンティアは、下らない情報を排除して必要な情報だけを見るしくみをつくることだろう。私が日常的に見るウェブサイトは、自分のブログと「アゴラ」以外は、RSSリーダー(20ぐらいしか登録してない)とグーグルニュースぐらいで、これで95%の用は足りる。著者も、FacebookやTwitterなどの新しいテクノロジーは、必要な情報だけを見る方向に進化しているという。

この傾向を彼は自閉症(autism)と表現する。これはかつては特殊な病気と考えられたが、最近では広い範囲に(多かれ少なかれ)みられる機能障害の一種と考えられている。人間関係がうまくいかないので社会的活動には支障をきたすことがあるが、集中力が強いので、共同作業する必要のない芸術家や科学者には自閉的なタイプが多い。たとえばゴッホ、メルヴィル、スゥイフト、アインシュタイン、チューリング、ジョイス、ヴィトゲンシュタイン、バルトーク、グレン・グールドなどはそういう傾向があったという記録が残されている。

このような人々にとって、くだらない人間関係に煩わされないで創作活動に専念できるインターネットは福音だ。創作は、今はブログやSNSのような断片的な形で生まれているが、それが古いメディアをしのいで主要な表現形式となる日は、たぶんそう遠くないだろう。本やレコードは資本主義の生んだ特殊なパッケージにすぎず、後者はすでに滅亡の淵にある。学会誌に投稿して3年後に掲載されるなどという古代的な習慣は、ウェブベースのディスカッションペーパーに置き換えられようとしている。

この新しいメディアでもっとも重要なのは、膨大なゴミの山から読むに値する情報だけを選別する自閉的テクノロジーである。人間の神経系は、そういう機能を進化させてきた。行動経済学では、情報の重要性をあらかじめ順序づけることをバイアスと呼んでいるが、人はバイアスなしにすべての情報を平等に認識することはできない。たとえばわれわれのまわりにはあらゆる波長の電磁波が飛び交っているが、目に見えるのはそのうちわずか300nmの波長幅の可視光線だけだ。

特に重要なのは、フレーミングと呼ばれる行動だ。これは言語学や心理学や脳科学でも重要な研究対象になっており、もちろん行動経済学の中心概念でもある。その意味で、本書は『ブラック・スワン』の次に読まれるべき本だ。タレブが暴露したのは、金融工学の美しい体系が実はご都合主義的なフレーミングにすぎないということだったが、本書はさらに進んで(心理学・脳科学と同様に)すべての認知行動はフレーミングであると主張しているからだ。これはアカロフなどが強調する物語の概念とも共通する。

こうした思想は、実はそう新しいものではなく、歴史をたどればクーンの「パラダイム」や心理学の「ゲシュタルト」、マイケル・ポラニーの「暗黙知」、そしてその元祖であるマッハの懐疑主義にゆきつく。マッハは『力学史』で、ニュートン力学を批判した。それはマクスウェルの電磁気学と両立しない「世界についてのニュートンの物語」にすぎないというのだ。この指摘がアインシュタインに天啓となって、特殊相対性理論を生み出した。このようなフレーミング機能に障害のある人が自閉的にみえるわけだ。

既存の社会科学をニュートン力学のような特殊な物語にしてしまう、まったく新しい21世紀の社会科学を生み出すのは、もしかすると国際学会でも査読つき論文でもなく、ペレルマンのようにウェブにDPを投げたまま姿を消す自閉的な天才かもしれない。

タテ社会の力学

タテ社会の力学 (講談社学術文庫)著者の『タテ社会の人間関係』は、出版から40年以上たっても現役で、110万部以上のベストセラーだが、これが英訳までされて類型的な「日本人=単一民族論」を世界に流布した罪も大きい。本書は、それに対する批判に弁明したもの(新書の文庫による再刊)だが、前半は前著の繰り返しなので、これだけ読んでも著者の「日本人論」はわかる。

まず問題なのは「タテ社会」というタイトルだ。これは著者もミスリーディングだと認めているのだが、もう定着してしまった。本来これは日本社会はヨコの連携の弱い小集団の集合体だという意味で、集団内ではむしろタテの階級構造があまりなく(建前上は)平等に近い。小集団はイエ(家族)とムラ(村落)の2層構造になっており、同じムラの中でもウチとヨソは違うが、つきあいはある。ただムラを超えた交流はほとんどなく、近世以前は国家意識はまったくなかった。

この構造は、日本人が思っているほど普遍的な「共同体」ではなく、アジアでも他の国にはほとんど見られないという。東南アジアでは個人間のネットワークはもっとゆるやかで、一人が多くのネットワークに同時に所属し、その所属もしばしば変わる。これに対して日本人の小集団に対する帰属意識はきわめて強く全人格的で、ほとんど変更されない。これは学校や職場にも持ち込まれ、学歴や職歴が一生ついてまわる。

こうした小集団――組織でいう現場――の自律性と機動性が世界でもまれに見るほど強いのが、日本社会の最大の特徴だ、と著者はいう。日本企業でも「工場長あって社長なし」などといわれるが、本書はその理論的な説明が弱い。経済学者なら、たぶん繰り返しゲームで説明すると思うが、一般的なフォーク定理からはこういう特殊な小集団は出てこないので、何か日本固有の歴史的・地理的な環境が作用したのだろう。土地が狭く、水利圏があまり広くなかったことが影響しているのだろうか。

もう一つの問題は、こういう小集団をどうやって束ねるのかということだが、これについての本書の説明は「軟体動物」というメタファーに依存していて弱い。ゲーム理論でいうと、長期的関係による「暗黙の契約」の拘束力が強いので実定法は必要なく、農民は武器を取り上げられたので戦争も少ないから、ムラをまとめる強いリーダーシップもいらない。兵士が優秀だから将校が無能でもいいのだ。

ただ近代国家となるとそうもいかないので、ここにプロイセンの行政中心の実定法主義を接ぎ木したわけだ。しかし川島武宜も嘆いたように、明治期に輸入された大陸法の体系は、ついに日本に根づかなかった。もし岩倉使節団がイギリスの君主制を学んでいたら、日本の近代化はもっとスムーズにいったような気もする。

経済成長のミステリー

ここのところマクロ経済学といえば、財政・金融政策の話ばかりだが、Acemogluも指摘するように短期的な安定化と長期的な成長はつながっており、長期的な問題の解決にならない一時しのぎのバラマキは経済力をかえって弱める。特に日本の場合、一時的な需要ショックの局面は終わりつつあり、持続的な潜在成長率をいかに高めるかが次の政権の課題だろう。

ところが成長理論の教科書はAcemogluとかAghion-Howittのように数学的に高度なものが多く、日本語で読める入門的な教科書はジョーンズの10年以上前の本ぐらいしかない。本書は成長理論の第一人者が、最近の動向を数式なしで(!)やさしく解説したもので、教科書ではなく、各国で成長率が大きく異なるのはなぜか、という「成長のミステリー」にテーマを絞ったモノグラフだ。

その答は短くいえば、生産性(TFP)である。国家間の一人あたり所得や成長率の差の半分以上はTFPで説明できる。いいかえれば、イノベーションの差が成長の差をもたらすわけだが、では何がイノベーションの差をもたらすのか。本書の立場はAcemogluなどの主流に近く、財産権や民主主義などの制度的インフラがしっかりしていることが重要だ、という考え方だ。ただShleiferなどの強調した司法制度の違いは、全体の40%ぐらいを説明するにすぎないとしている。

他方で、民主主義と成長率には大して関係がないという実証研究も多い。その最大の例が中国だ。韓国などのように「開発独裁」によって成長率が上がるケースも多い。ただ結果的には、経済発展によって政治も民主化することが多い。中国も、長い目で見れば徐々に民主化してゆくだろう。韓国は軍政から脱却するのに半世紀近くかかったが・・・

Free: The Future of a Radical Price

ムーアの法則によって『過剰と破壊の経済学』が重要になるというのが私の昔の本のテーマだが、Chris Andersonの新著は、資源を節約するのではなく浪費するテクノロジーが21世紀の方向を決めると論じている。世の中の資源のほとんどは、実際には浪費されている。たとえばコンピュータの電源の入っている時間の半分以上は使われていないし、自動車のエンジンの入っている時間の47%は停車している。

こうした無駄をなるべく減らそうというのが経済学の思想だが、これって自然界にはほとんどない発想だ。たとえば生物が進化で生き延びるためにとる戦略は、なるべく多くの卵を産んで、そこからもっともすぐれた(複製能力の高い)個体が生き残るようにすることだ。図のように、クロマグロは100万個もの卵を産む。

ウェブの世界も、新古典派経済学よりクロマグロに近づいている。YouTubeには1億本以上のビデオが投稿されているが、その95%以上は数回しか再生されない。それでもSusan Boyleのように、2億回再生されるビデオが1本でもあれば、YouTubeは全世界からアクセスを集めることができる。これが従来とはまったく逆の「浪費する経済学」を生むかもしれないし、生まないかもしれない。まずいろいろやってみよう。考えるのはタダだから。

本気で巨大メディアを変えようとした男

きわもの的なタイトルで損をしているが、内容は島桂次会長時代を中心に、戦後の放送史の一面を内側から書いたもの。著者は島の側近だったので、やや好意的なバイアスもあるが、島を通してNHKの組織としての欠陥と戦略の誤りを的確に指摘している。

島は超大物の派閥記者で、大平政権や鈴木政権では閣僚名簿をつくり、局長のころからNHKの会長人事を決める実力があった。私も現役時代に話を聞いたことがあるが、一見めちゃくちゃのようで、実は先見性があった。当時の経営委員長だった磯田一郎(住友銀行頭取)が、「NHKの経営陣の中で民間企業も経営できる能力のあるのは島さんだけだ」と評価していた。

ある意味では、島のような人物が絶大な力をもったことが、NHKの欠陥をよく示している。戦後初のNHK会長は民間人からなる「放送委員会」によって選ばれたが、その後は実質的に首相官邸と郵政省によって選ばれるpolitical appointeeになった。これがNHKの最大のアキレス腱となり、自民党からの圧力をつねに受け、国策に振り回されて独自の経営戦略をとれない原因となった。このため島のように自民党を「押える」力をもつ人物が大きな力をもったのだ。

彼が報道局長から会長になった10年あまりは、私が勤務していた時期と重なるので『電波利権』にも書いたが、当時のNHKは今からは想像もつかない活気に満ちていた。記者とディレクター(PD)の職種の境界をとっぱらって「NC9」をスタートさせ、報道と制作の合同プロジェクトで「NHK特集」(現在の「NHKスペシャル」)をつくったのも島だった。現在のNHKの経営の柱になっているBS独自放送を始めたのも、彼の功績だ。

島は「メディアがグローバル化する中で、受信料制度では自由なビジネスができない」として、磯田と組んでMICOという「メディア商社」をつくり、米ABCなどと連携して世界を結ぶ24時間ニュース・ネットワーク「GNN」を設立すると発表した。最終的には、MICOがNHKグループの中心となり、島はMICOの社長になってルパート・マードックの向こうを張り、世界のメディア王になることをめざしていた。ただ腹心の海老沢勝二に寝首を掻かれ、こうした構想は幻に終わった。

島の構想が多分にバブル的だったことは否定できないが、「映像ビジネスが地上波に閉じこもっていては未来はない」という彼の大局観が正しかったことは、いま証明されつつある。彼は会長時代から「衛星で100%カバーできるのだから地上波はいらない」といっており、失脚してからはGNN構想をインターネットで実現しようと「島メディア・ネットワーク」というニュースサイトを1994年に設立した。彼が失脚しなければNHKは地デジではなく、BBCのiPlayerのようなIP映像ネットワークを90年代に構築していたかもしれない。

その後の(実質的な)海老沢時代は、NHKの「失われた17年」というしかない。その後も不祥事の後始末に追われ、マルチメディア局も解体されてネット戦略を立案する部隊もなくなった。その内情は、あの貧弱な「NHKオンデマンド」を見ればわかる。先週も元同僚が「ビール会社から来た会長がトップじゃ何もできない。経営陣がもう少しメディアのわかる人に代わるまで冬眠だよ」といっていた。冬眠している間に凍死しなければいいが・・・

追記:校閲が不十分で誤字が多い。特に「~とゆう」という表現が多いのは著者と編集者の国語能力を疑われるので、重版で直したほうがよい。

パロール・ドネ

くだらない雑用で頭が窒息状態になったときは、本書のような人類の数千年の営みに思いをはせる本を読むのが精神衛生にいいかもしれない。本書は20世紀最大の知的巨人の30年以上にわたる講義の内容を要約したもので、その膨大な業績を一望するには便利だが、それを400ページ足らずの訳本に圧縮することは不可能なので、彼の著書を読んでいない人には難解かもしれない。

全体として描かれているのは、冷たい社会の人々が謎に満ちた世界を理解し、社会の存在する意味を見出す努力の跡である。圧倒的に巨大な自然の闇の中で微小な存在でしかない人間が、そのささやかな秩序を守るためにつむいできた神話や親族構造が、詳細に分析される。それを通じて見えてくるのは、荒々しく不確実な自然の中で、人間の築いた文化がいかに無力で壊れやすいものかということだ。

しかし人類は、いつからかこういう静的な秩序を守るのをやめ、自然を征服して不確実性をなくすテクノロジーを開発するようになった。このようにつねに変化し膨張し続ける熱い社会は、人類の恐れてきた死や病の闇を何年か先送りすることには成功したが、それをなくすことはできない。そして彼らも結局は、生きる目的を見出せないまま、自然に帰るのである。




記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons
  • ライブドアブログ