その他

アゴラ読書塾「疫病と文明」

疫病と世界史 上 (中公文庫 マ 10-1)新型コロナウイルスの世界的な流行は、先進国では過去のものと思われていた疫病(感染症)の脅威が、今なお大きいことを人々に思い知らせました。人類の歴史の中で、疫病は戦争と並んで生命をおびやかす最大の危険でした。

戦争に勝ち抜くために国家が生まれたように、疫病と戦うために宗教が生まれました。多くの未開社会に世界を浄と不浄に分類する呪術があり、死者を隔離する墓地や葬儀があります。これは今では機能的には無意味な儀式と思われていますが、人が世界を分類することには、疫病を防ぐ意味があったのです。

続きはアゴラで。

アゴラ経済塾「リスクと危機」

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質いま世界は、危機の渦中にあります。新型コロナウイルスの感染は中国から世界に広がり、世界中の株価もリーマンショック以来の暴落を記録して「中国発の世界経済危機」が始まったようにみえます。

新型コロナの感染力はインフルエンザ程度で、致死率は1%以下。ペストやコレラのように大量に人を殺す疫病ではないのですが、そのもたらす経済危機は大きい。それは危機が客観的なリスクではなく、心理的な不確実性によって起こるからです。

続きはアゴラで。

休業させるなら学校よりパチンコ屋

安倍首相は国会で「一斉休校は1918年のスペイン風邪の事例を参考にした」と答弁した。これは感染症の歴史では有名な話で、Forbes日本版によると、
セントルイス市長は「現在市でスペイン風邪が発生しはじめました。そして大流行になりつつあります。全ての劇場、学校、ホール、酒場、民宿、ダンスホールは次のアナウンスがあるまで閉鎖します。集会も日曜学校も禁止です」と発表した。
その結果、住民の接触を制限したセントルイスは、次の図のように、行政が何も介入しなかったフィラデルフィアに比べて、死者を1/8以下におさえることができた。これを教訓として、感染症の初期には人々の接触を制限することが常識になった。



その意味では今までの日本の政策は基本的に正しいのだが、公共施設を政府がすべて閉鎖することは現代ではむずかしい。そのため経済的な影響の少ない学校だけを閉鎖するというのが安倍首相の判断だろうが、これは優先順位が違う。

続きはアゴラで。

グローバル時代の正義

RTS2WMSU明けましておめでとうございます。今年も年賀状は出さないので、ブログでごあいさつ。

年末に起こったカルロス・ゴーンの海外逃亡は、日本がよくも悪くもグローバル化したことを象徴する事件でした。彼は「楽器の箱」に入ってチャーター便に乗ったとも伝えられていますが、普通は出国審査のとき手荷物のX線検査で見つかってしまいます。

それを逃れる方法は、外交特権しかありません。外交官は代理人が出国審査を受けることが認められ、手荷物も外交機密としてフリーパスです。ゴーンがレバノン大使館のスーツケース(あるいは楽器の箱)に入って出国することは可能です。

レバノン政府は入国の翌日に「ゴーンの入国は合法だ」と表明しており、今回の出国に協力した疑いが強い。レバノン大使館が違法な出国に加担したとすれば、日本との外交問題が生じるでしょうが、レバノン政府がそれを覚悟すれば不可能ではない。

ゴーンは今後、日本の司法制度を批判するでしょう。それは彼の正義であり、レバノン政府の正義かもしれない。彼のやったことは日本の正義ではないが、どっちが正しいかはわかりません。主権国家を超える司法権力は存在しないからです。

国際社会は本質的にアナーキーであり、国際法もヨーロッパ圏のローカルな正義にすぎない。ゴーンはそれを超える「グローバル人類」になるのでしょうか。

2010年代の音楽ベスト10

Bon Iver
いろいろな音楽雑誌で「この10年のベスト」を特集している。私は個人的によく聞いたものを選んでみた。
  1. Bon Iver
  2. Adele: 21
  3. Allison Moorer: Down to Believing
  4. Bill Frisell: Guitar in the Space Age
  5. Julia Holter: Have You In My Wilderness
  6. Keith Jarrett & Charlie Haden: Jasmine
  7. Beach House: Teen Dream
  8. Vampire Weekend: Modern Vampires of the City
  9. Return to Forever: The Mothership Returns
  10. Daft Punk:Random Access Memories
続きは12月16日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。

アゴラ経済塾「環境・エネルギー問題を経済的に考える

TIME誌は「今年の人」に地球環境の危機を訴えるスウェーデンの高校生、グレタ・トゥーンベリを選びました。彼女はCOP25(気候変動枠組条約締約国会議)で「人類は非常事態なのに各国政府は抜け道をさがしている」と大人を批判しました。

今や地球温暖化は、人類最大の問題に昇格したようにみえます。人類が危機に瀕していることは自明で、何をやるべきかもわかっており、問題は行動することだけだ、というのが彼女のような活動家の主張ですが、これは本当でしょうか。

続きはアゴラで。

まぎらわしい「予報円」はやめよう

台風19号が近づいてきた。こういうとき台風情報でわかりにくいのは、「予報円」と「暴風警戒域」という二つの円が描かれていることだ。



これが気象庁のホームページにある台風の進路予想だ。予報円は台風の中心の位置の誤差だが、これを暴風域と混同する人が多い。こんなまぎらわしい表示をしているのは日本だけだ。たとえばアメリカのNOAAでは、次のように描く。



続きはアゴラで。

差別を食い物にする「えせ同和」を恐れるな

ようやくマスコミが同和問題に言及した。毎日新聞の10月7日付の「風知草」というコラムで、こう書いている。

(森山栄治)元助役は、助役に昇任する前、町職員に採用された69年から72年まで、部落解放同盟高浜支部の書記長だった(高浜町同和教育25周年記念誌)。前掲ルポによれば、この人物が、当時の解放同盟の差別糾弾闘争を主導し、その威勢をもって町政を支配した。

続きはアゴラで。

差別発言を糾弾する人々が差別を再生産する



関西電力の事件の本質は同和問題である。これは1970年代にはリアルな問題だったが、今は部落解放同盟の組織力も衰え、糾弾闘争もなくなった。電力会社やマスコミのような古い産業がその幻影に怯えているだけで、こんな問題は時間が解決する――と思っていたが、最近のネット上の言論を見ていると必ずしもそうはいえないようだ。

続きはアゴラで。

アゴラ読書塾「東アジアを疑う」

興亡の世界史 大清帝国と中華の混迷 (講談社学術文庫)日韓関係は戦後最悪といわれていますが、この背景には歴史認識についての大きなギャップがあります。韓国の教科書では日本が韓国を侵略して1910年に不法に併合したことになっていますが、日本人(を含む他の国の人々)には理解できない歴史です。

日本を超える経済大国になった中国も、一党独裁という政治システムばかりでなく、文化的にもまったく違う国です。北朝鮮についてはいうまでもなく、広くアジアを見渡すと、むしろ日本が例外的に西欧圏に近い国です。

日本は東アジアなのか――日韓問題はこの疑問を改めて問いかけています。福沢諭吉は日本が清や朝鮮とは違うと考えて「脱亜論」を書きましたが、その後の日本は東アジアを「同文同種」の漢字文化圏として一体化しようとし、「大東亜共栄圏」で大失敗しました。

戦後は「戦争の謝罪」で和解しようとしましたが、かえって歴史問題が蒸し返されて紛争が続いています。「東アジア共同体」という構想には、EUのような現実性はありません。中韓と日本に共有できる文化が、あまりにも少ないからです。

10月からのアゴラ読書塾では、東アジアについての最近の研究を学んで、日本は中韓とどこが違うのか、日本人はアジアを理解できるのかを考えます。 授業はすべてインターネット中継するので、全国の(あるいは海外の)みなさんも視聴できます。録画をあとから見ることもできます。

お申し込みはアゴラで。








記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons
  • ライブドアブログ