科学/文化

日本人が新型コロナ感染をまぬがれた「ファクターX」は何か

山中伸弥氏が「日本の感染拡大が欧米に比べて緩やかなのは、絶対に何か理由があるはずだ」という。彼はその理由をファクターXと呼んでいるが、具体的には語っていない。

そのために抗体検査が必要だというが、厚労省や東大の検査結果では0.4~0.6%で、ヨーロッパに比べてもきわめて低い。つまり集団免疫が成り立っていないことは明らかだ。

だとすると日本人の死者が少ない原因は、何らかの意味でコロナに対する免疫力をもっているためと考えられる(免疫力という言葉は要注意だが、ここでは自然免疫を含む広い意味での抵抗力の意味)。その原因として、最近あげられている説を紹介しよう。
  • アジア人のHLA(ヒト白血球抗原)などの遺伝的な特性:これは医学的には考えられ、論文も出ているが、ヨーロッパの調査ではアジア系の死亡率は白人より高い。これは所得などの要因も考えられるが、少なくとも遺伝的にアジア人がコロナに強いという証拠はない。

  • 他の種類のコロナウイルスに対してすでにもっていた抗体の交差反応:これは読売新聞が報じたもので、原論文はCellに掲載された。これも以前からある説だが、アジア人の抗体が100倍も強力だとは考えにくい。

  • 東アジアには早くからコロナ系ウイルスが入っていて免疫記憶ができた:これは児玉龍彦氏らのグループが発表したもの。免疫グロブリンのうち初期に対応するIgMと、それが分岐したIgGがあり、日本人にはIgGが多かったので過去に感染した経験があるという。これも考えられるが、そのウイルスが特定できない。

    vvvv
  • BCG仮説:疫学的な検討は進んでおり、Miyakawa et al.は考えられる擬似相関の要因をすべてコントロールして、相関があるという結論を出している。

これらの要因は、競合的ではなく補完的だと思われる。一つの要因で100倍の違いを説明することは困難だ。東アジアの「風土病」だという説は、東欧や南米でも死亡率が低い原因を説明できない。むしろ西欧に固有の脆弱性と考えたほうがいいのかもしれない。

続きは5月25日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)。

「42万人死ぬ」シミュレーションはどこが間違っていたのか

きのうの東京の新規感染者は5人、大阪はゼロである。もう感染は収束したといっていいだろう。緊急事態宣言の「8割削減」の提唱者である西浦博氏は、きのう宮坂昌之氏の批判に答えて、彼の予測が間違っていたことを認めた。

「基本再生産数Ro=2.5で感染爆発する」という彼の予測の根拠は、もともとはっきりしなかったが、きのうは明確にRo=2.5で人口の60%が免疫を獲得するまで感染が拡大するという集団免疫理論が「架空のもの」だと認めた。

続きはアゴラで。

新型コロナを理解するキーワードは「自然免疫」

コロナ騒動は、誤った学説のもたらした人災だった。人類の60%が感染するまで感染爆発が終わらないという理論にもとづいて、ヨーロッパではロックダウンが行われたが、感染率20%未満で流行は収束し、日本では1%未満で収束した。

免疫学の宮坂昌之氏は、世界中どこでも同じ数学モデルを当てはめる集団免疫理論を批判している。

個体レベルではウイルスに対する防御は2段構えであって、自然免疫と獲得免疫がウイルス排除に関与します。もし自然免疫がうまく働けば、少数のウイルス粒子が侵入してきても自然免疫だけでウイルスを排除できる可能性があります。

実際、最近の研究結果から、自然免疫はさまざまな刺激によって訓練され、強化されることがわかっています。例えば、結核ワクチンであるBCGは結核菌に対する免疫だけでなく、一般的な細菌やウイルスに対する反応能力を上げることが指摘されていて、その作用機序として、BCGが自然免疫を強化・訓練することが示唆されています。

一部の人たちは自然免疫と獲得免疫の両方を使って不顕性感染の形でウイルスを撃退したのかもしれませんが、かなりの人たちは自然免疫だけを使ってウイルスを撃退した可能性があるのかもしれない。そのために多くの人は集団免疫が成立する前にウイルスを撃退したという可能性です。

素人の私が読むと、これはごく自然な説明だが、今まで感染症の専門家は特定の病原体に対応する獲得免疫だけを研究し、それを世界に普遍的なモデルとして一般化する傾向があったようだ。たとえば専門家会議の資料には「自然免疫」という言葉が一度も出てこない。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。

PCR検査って何?



新型コロナウイルスの問題で、「もっとPCR検査しろ」という人がワイドショーに毎日出てきます。最近は「54兆円で国民全員にPCR検査しろ」という人まで出てきましたが、これは何でしょうか?

続きはアゴラで。

新型コロナは集団免疫のはるか前に収束した

加藤厚労相は15日の記者会見で、献血された血液で新型コロナ感染後にできる抗体を調べたところ、陽性率は東京都の500検体で0.6%、東北6県の500検体では0.4%だったと明らかにした。これは大事なニュースである。

今まで病院の抗体検査では6%という結果もあったが、今回はランダムサンプルで桁外れに低い。抗体検査キットの信頼性には問題があるようだが、それほど大きく外れることはないだろう。だとするといえることは、少なくとも次の3点である。
  • 日本人はほとんどコロナの抗体(獲得免疫)をもっていない
  • したがって近い将来に集団免疫が成立する見通しはない
  • にもかかわらず再生産数は1を下回った
ここから論理的にいえるのは、日本では集団免疫の実現するはるか前に感染が収束したということだ。その原因は消去法で考えると、自然免疫が強かったためと考えるしかない。その有力な原因がBCG接種である。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。

コロナ死亡率の100倍の差を説明できない専門家会議

きのうの専門家会議は、またしても政府の緊急事態宣言一部解除を追認する「御前会議」だった。その中身に驚きはないが、尾身副座長の記者会見にはちょっと驚いた。日本のコロナ死亡率がヨーロッパの1/100になった原因について、彼はこう説明した。


BCG接種がコロナに有効だという臨床試験の結果がないのは事実だが、これを「エビデンスがない」というなら、彼のいう要因のエビデンスはあるのだろうか。

続きはアゴラで。

「8割おじさん」はどこで計算を間違えたのか

5月12日のニコニコ生放送は【8割おじさん西浦教授に聞く】新型コロナの実効再生産数のすべて。西浦博氏の「42万人死ぬ」の計算根拠が聞けるのかと思ったら期待はずれで、ほとんどは実効再生産数Rtの計算についての一般論だったが、1枚だけ興味深いスライドがあった。

rt
新規感染者数(棒グラフ)とRt(折れ線・右軸)

これは専門家会議でも出てくるデータの最新版で、報告ベースの数字を2週間さかのぼり、発症日ベースにしたものだ。

1f1a638c-s

これを4月22日の専門家会議のシナリオ(西浦氏の計算と思われる)と照合すると、その計算違いは一目瞭然だ(図の左側が発症日ベース)。
  • 感染のピークは緊急事態宣言の11日前の3月27日だった。
  • 緊急事態宣言で大きく下方屈折するはずの新規感染者数の減少率は緊急事態宣言の前後で変わらない
  • Rtも3月下旬から1を下回り、緊急事態宣言の後も変わらない。
彼の予測が完全にはずれたことは明白だが、なぜこんなことになったのだろうか。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。

日本人が新型コロナに感染しにくいのはなぜか



このごろ海外メディアも「新型コロナで日本は違う」と気づいたようだが、その批判には首をかしげるものが多い。一時は「日本はロックダウンしてないから欧米よりひどいことになる」と批判していたが、それが外れると、たとえばBBCの記事はこう始まる。

日本で起きていることを理解したがっている人にとって不可解なのは、なぜ新型コロナウイルスの感染症COVID-19の検査がこれほど少ないのかだ。ドイツや韓国と比べたとき、日本の検査件数は0を1つ付け忘れているようにみえる。

このウィングフィールド=ヘイズ記者はドイツや韓国の検査件数を調べたのかもしれないが、普通の人は検査件数なんか知らない。大事なのは何人死んだかである。彼が「先進国」として日本が見習うよう求めているイギリスのコロナ死亡率は日本の100倍なのだ。

続きはアゴラで。

日本は実質的に「集団免疫」を実現した

きのうの記者会見で菅官房長官が「政府は集団免疫の考え方は採用していない」と述べた。政府は「徹底したクラスター対策による感染封じ込めで、感染のスピードを抑えながらピークを後ろ倒しにすることを目指している。国民の皆さんが集団免疫を獲得することを目的として行ってきていることではない」という。

これは当然だろう。5月1日の専門家会議の分析・提言でも「感染の拡大を前提とした集団免疫の獲得のような戦略や、不確実性を伴うワクチン開発のみをあてにした戦略はとるべきでない」と書いており、これはWHOの方針でもある。

しかし「集団免疫戦略」という政策は存在しない。スウェーデンも、高齢者を隔離してロックダウンしないだけである。その結果として集団免疫が実現するかもしれないが、しないかもしれない。それは収束の副産物であって必要条件ではないのだ。

続きはアゴラで。

日本はハンマーなしでダンスできる

山中伸弥氏によると、日本政府の新型コロナ対策の基本方針は「ハンマーとダンス」に書かれているという。この原文は3月20日に発表され、ロックダウン支持派のテキストとして広く読まれているが、西村経済再生担当相がその翻訳を記者会見で紹介した。

この記事は専門家の論文ではないが、よく調べてやさしく書かれており、コロナを理解する上では役に立つ。中身は基本的にインペリアルカレッジの報告書を噛み砕いたもので、感染爆発が起こったときは、患者を隔離するなどの緩和(mitigation)だけではだめで、もっと強力な「ハンマー」で抑制しなければならないというものだ。



続きはアゴラで。









記事検索


月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons
  • ライブドアブログ