石原莞爾の「人生最大の失敗」は満州事変ではなかった

石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460)
今のウクライナの状況は、1930年代の中国に似ている。ロシア軍はドンバス地方を占領し、これをみて陰謀論者は「プーチンの勝利」を祝っているが、これは満州事変で日本が勝利したようなもので、戦争が泥沼化する悪い予兆である。

陸軍の暴走の元凶のようにいわれる石原莞爾は、日本軍が中国を支配できないことを知っていた。朝鮮半島を領有した日本が満州を支配するのは、当時の世界では常識の範囲だった。満州事変は国際法違反だったが、リットン調査団は既成事実を認めた。これはクリミアのようなものだった。

石原にとって満州は対ソ戦の前進基地であり、華北に戦線を拡大するつもりはなかった。彼は第一次大戦はヨーロッパの局地戦であり、次の戦争でも日本はそれに参加する必要はないと考えていた。その目標は20世紀後半に来る日米の「世界最終戦争」であり、そのためには「五族協和」でアジアが結束すべきだと考えていた。

これに対して永田鉄山は、来るべき戦争はアジアを含む世界大戦になると考え、中国全土を占領してその補給基地とするつもりだった。参謀本部の大勢は永田の強硬論に傾き、1936年に永田が暗殺された後もその影響は強く残った。永田の戦略に共鳴した武藤章は、永田が起案した華北分離工作を実行し、日本軍を南下させた。

石原はこれに反対したが、その運命の分岐点になったのが、1937年1月に宇垣内閣が流産した事件だった。宇垣の組閣を阻止したのは石原だったが、その代わりに首相になった林銑十郎は陸軍の暴走を抑えられず、石原は参謀本部から追放された。この工作を石原は「人生最大の失敗だった」と後悔した。

続きは7月11日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

戦後民主主義の原点は「小農」だった

幻視のなかの社会民主主義―『戦後日本政治と社会民主主義』増補改題
今回の参議院選挙も、ほとんど争点らしい争点がない。それは自民党がすぐれた党だからではなく、野党がその対立軸にならないからだ。その原因は、もともと日本社会には階級対立がなかったからである。

戦前の保守政党は地主の党だったが、GHQが農地改革で地主の土地を小作人に分配したため、戦後の農村には多数の小農が生まれた。自民党は地主の既得権を守る小農の党になったが、社会党は戦前から続く農民組合(小作人)の党で、その支持基盤はほとんど同じだった。

社会党は片山内閣のように政権を取ったこともあり、自民党に先んじて左右社会党が統一したので、政権を取れる見通しもあった。しかし左右対立に悩まされ、左派の中心はマルクス・レーニン主義やプロレタリア独裁を掲げる社会主義協会だった。

60年代以降、日本でも労働組合が「昔陸軍・今総評」といわれるほど大きな力をもつようになった。これにともなって社会党は「5万人の党員で1000万票を集める」といわれる労組依存の党になったが、それは遅れてきた階級政党だった。階級闘争のない日本で、それが自民党に代わる勢力になることは、もともと無理だったのだ。

続きは6月27日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

ファクターXは「幸運」だった

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
日本のコロナ致死率は、OECD諸国の中で最少だった。その原因として、マスクとか公衆衛生とか遺伝とか、いろんな理由があげられたが、どれも100%説明できない。ファクターXは幸運だったのだ。

日本の歴史は、宝くじに続けて当たったような幸運の連続だった。大陸から隔てられたおかげで、縄文時代には1万年も平和が続いた。戦争には弱かったが、海のおかげで遊牧民の攻撃をまぬがれ、たった2回の攻撃も悪天候などの幸運で助かった。

幕末にはアメリカの植民地になってもおかしくなかったが、たまたま南北戦争が起こって助かった。日清・日露戦争も弱体化した帝国との戦いで、勝ったのは幸運だった。それを実力と勘違いした日米戦争は大失敗だったが、戦後の占領は幸運だった。戦争のへたな日本人が、世界最強のアメリカという用心棒を雇うことができた。

なぜ日本人はこんなに幸運なのだろうか――というのは愚問である。成功のほとんどはまぐれ当たりなのだ。経済学では、株式市場の情報はすべて株価に織り込まれているので、市場に勝つことはできないと教える。ではバフェットやソロスは、魔法でも使ったのだろうか?

続きは6月27日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

明治政府はなぜ昭和に暴走したのか

軍事の日本史 鎌倉・南北朝・室町・戦国時代のリアル (朝日新書)
近代史の最大の謎は、明治維新で奇蹟的な成功を収めた日本が、なぜ昭和に暴走したのかという問題である。司馬遼太郎はこの謎が解けず、昭和を舞台にした小説はほとんど書かなかった。その後も右派は「自虐史観」を批判するだけで、この問題の答を出せない。

よくいわれるのは、学歴社会が日本をだめにしたという説である。明治政府は長州閥だったが、帝国大学や陸軍士官学校は点数主義だったので、次第に官僚機構も軍も秀才が集まるようになった。特に陸軍が反長州閥で結束した結果、組織を掌握できない学校秀才がエリートになり、軍が暴走したという。

しかしこれだけでは、昭和の戦争の国民的エネルギーを説明できない。戦争はエリートだけではできない。それは何よりも国のために死ぬという不合理な行動であり、江戸時代までは武士だけの仕事だった。農民は一生平和に暮らしたので、戦争を恐れる。

それを戦争に(精神的にも経済的にも)動員することが、近代戦の最大の課題であり、ナポレオンの最大の革新は、国民主権という物語で全国民を戦争に動員したことだった。デモクラシーとは、何よりも「国民が自衛する」という意識をつくる戦争装置だったのだ。

それに対して傭兵に頼る帝政は国民意識が弱く、デモクラシーに勝てなかった。だが大日本帝国は、民衆を戦争に動員することに成功した。それはなぜだろうか。

続きは6月27日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

西欧圏とユーラシア圏の「再分岐」

道徳と宗教の二つの源泉 (ちくま学芸文庫)
いま日本が直面している変化は、江戸時代から続いてきた閉じた社会が、いろんな意味で開かれた社会にならざるをえないということだろう。本書はこの二つの概念を最初に提示した本である。

ベルクソンは、閉じた社会は過去に終わった社会ではないと指摘し、それは今も人々の心に中に残り、偏狭な愛国心として戦争の原因になると考えた。しかし閉じた社会は、戦争を抑止するシステムだった。それは農業なき定住社会として1万年の平和を維持した縄文時代が示している。

それに対して中国の開かれた社会は、軍事国家だった。梅棹忠夫の図式でいうと、遊牧民から農耕文明を守るために中国(Ⅰ)、インド(Ⅱ)、ロシア(Ⅲ)、イスラム圏(Ⅳ)では専制国家が発達し、18世紀以降、西欧とユーラシアの大分岐が起こった。

umesao


冷戦の終了をわれわれは「民主国家の勝利」と考え、中国がグローバル市場に参入して大収斂が起こると考えたが、今ウクライナで起こっているのは、その再分岐である。この二つの文明圏は、和解不可能なのだろうか。

続きは6月20日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

外圧の生んだ「東亜百年戦争」

大東亜戦争肯定論 (中公文庫)
ウクライナ戦争をめぐっては「憲法9条で日本を守れ」という話は出てこない。さすがに空想的平和主義の賞味期限も切れたようだが、それに代わる物語がない。いま人気があるのは『日本国紀』のような右翼史観だが、そのネタ元は1964年に出た本書である。

その歴史観は、明治以来の歴史を西洋の外圧に対する自衛戦争と位置づける点で一貫している。出発点は明治維新より20年前、ペリーが来航したころである。1953年に黒船が来たときは、日本がアメリカの植民地になる確率は低くなかったが、幸運にもアメリカでは南北戦争が始まり、日本は植民地化をまぬがれた。

尊王攘夷論は、このような侵略の脅威に対抗するナショナリズムだった。明治以降の戦争も、日清戦争は近代化に失敗した朝鮮を清の支配から救う戦争で、日露戦争は朝鮮をロシアから守る戦争だった。朝鮮半島は今のウクライナのようなもので、それを守ることが自衛に必要だという状況認識は、伊藤博文から福沢諭吉に至るまで同じだった。

問題は満州である。これが日中戦争から日米戦争に至る「15年戦争」の発端だというのが、戦後の歴史学の主流だったが、著者はこれを否定し、満州事変はアジアを解放する東亜百年戦争のハイライトだったという。それを正当化する論理は、かなりアクロバティックである。

続きはアゴラサロンでどうぞ(初月無料)

水田稲作のサンクコストが守った平和

日本の先史時代-旧石器・縄文・弥生・古墳時代を読みなおす (中公新書 2654)
弥生時代という時代区分は、かなり適当なものだ。そのもとになった「弥生式土器」という命名は、本郷弥生町で最初にみつかったというだけの話で、その時代を「弥生時代」と呼ぶ根拠もあやしい。それはかつて紀元前500年ごろからといわれたが、最近では紀元前1000年ごろ始まったとされている。

その区分も土器の特徴ではなく、水田稲作とともに弥生時代が始まったというのが最近の考え方である。これはアジアの中でも日本に特徴的で、大陸では畑作が中心で、熱帯から稲作が北上したが、水田という複雑な耕作はかなり後になってできた。

ところが日本では、畑作とほぼ同時に水田稲作が始まり、それが中心になった。これは徐々に発展したのではなく、大陸から輸入されたとみるべきだろう。水田は日本の土地柄(やせていて雑草が多い)に適していたこともあるのだろうが、縄文時代に定着した定住社会に適していたことも原因だろう。

潅漑が必要で、田植えなどの共同作業を要する水田は、人口の流動的な土地では発達しない。先祖代々同じ土地を守る家族が協力しないと成り立たず、イネがとれれば1年それで暮らせる。つまり水田というサンクコストの大きな耕作方式なので、途中でexitできず、他人と話し合わないとうまく行かない。これが日本の平和の一つの原因だろう。

続きはアゴラサロンでどうぞ(初月無料)

「文明」という生存バイアス

旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記 (全集 日本の歴史 1)
人類の歴史は、気候変動と関連している。縄文時代が始まった1万3000年ぐらい前は、氷河期が終わって温暖化し、植物が生育するようになった時期だった。われわれの祖先は、この時期から日本列島に定住し、植物を採集して暮らすようになった。

しかし6000~7000年前から寒冷期が始まり、植物が自由に採集できなくなった。この時期に大陸では黄河文明が始まり、多くの人々を潅漑工事に動員し、農業で自然を支配する国家が生まれた。本書はこのようなタイプの文化を「文明」型文化と呼ぶ。

われわれは「文明」しか知らないので、それ以外の「未開社会」は遅れたものと考えているが、人類の歴史上の圧倒的多数は狩猟採集社会であり、穀物を栽培する農業はたかだか7000年前に生まれたものだ。

多くの人が特定の地域に定住して農耕で富を蓄積するようになると、土地を奪い合う。文明が戦争を生んだというのは逆である。戦争で生き残った文明だけが今日に残っているのであり、文明という概念は戦争で生き残った国家の生存バイアスなのだ。

日本の縄文時代のような農業なき定住社会は、他には北米の先住民にしかみられない。彼らが16世紀まで生き残ったのも、アジアから渡ってきて北米に隔離されたからだが、国家をもつ白人との戦いで全滅した。日本人が大陸と海を隔てていなかったら、北米先住民のように全滅しただろう。

続きはアゴラサロンでどうぞ(初月無料)

人口大逆転:高齢化、インフレの再来、不平等の縮小

人口大逆転 高齢化、インフレの再来、不平等の縮小
日本で長期停滞が続いている最大の原因は貯蓄過剰だというのは経済学者のコンセンサスだが、その原因についてはコンセンサスがない。サマーズは高齢化で貯蓄が増えたというが、日本の家計貯蓄率はほぼゼロになった。年金生活者が貯蓄を取り崩しているためだ。

本書は、高齢化で貯蓄が減ってインフレになると主張する。従属人口(老人や子供)が増えると、消費が生産を上回るからだ。1990年ごろから世界的にデフレ傾向が続いたのは、グローバル化(中国と旧社会主義国の世界市場への参入)で安い労働力が大量に供給されたためだった。

しかしグローバル化は逆転し始めた。コロナで分断された世界は元に戻らない。他方で高齢化は世界中で進み、図のように中国では労働人口が減り始めた。世界的に安い労働供給が減るとインフレの時代になる、というのが本書の仮説である。

xx
世界の労働人口増加(単位:年間百万人)2020年以降は国連の予想

この仮説の反例にみえるのは日本である。日本は高齢化のトップランナーだが、企業の貯蓄過剰が続き、金利はマイナスだ。本書はその原因は、製造業の空洞化だという。日本のメーカーはアジアに安い労働力を求め、グローバル化して生き延びたのだ。

続きは6月6日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

「WGIP史観」を卒業するとき

日本人はなぜ自虐的になったのか:占領とWGIP (新潮新書)
戦後左翼の原点が憲法9条だとすれば、右翼の原点は東京裁判批判だろう。前者はウクライナ戦争でようやくその影響力を失いつつあるが、後者の影響はいまだにいろいろ形を変えて生き残っている。その一つが、江藤淳に始まるWGIP(戦争犯罪情報計画)である。

江藤の話は心情的にはわかるが、WGIPの存在を示す一次資料がなかった。本書がそれを出したのは一歩前進だ。これは高橋史朗氏の発掘した、1948年3月のCIE(民間情報教育局)の広報計画書の草案である。

スクリーンショット 2022-05-29 145454

この草案にはWGIPという文字列があるが、目的は次の二つである。
  • 日本人が原爆の使用を「残虐行為」だと考える傾向をなくす
  • 日本人が極東軍事裁判の判決を受け入れる
著者も指摘するように、これ以前にWGIPという言葉はアメリカの公文書になく、この後も公表文書には出てこない。WGIPというのは、一時CIEの内部だけで使われた隠語なのだ。

本書のWGIP批判の中身は、江藤以来おなじみの話である。占領軍の言論支配力は圧倒的だったが、それは1952年までの話だ。その後70年も日本の教育やマスコミで「自虐史観」が支配的だった原因をWGIPで説明するのは、ウクライナ戦争を「アメリカのしかけた代理戦争」だというのと同じ陰謀史観である。

続きはアゴラサロンでどうぞ(初月無料)



51ugMmJHz7L._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_

スクリーンショット 2021-06-09 172303
記事検索
Twitter
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons
  • ライブドアブログ