硫黄島の「時間稼ぎの戦い」

散るぞ悲しき―硫黄島総指揮官・栗林忠道 (新潮文庫)
マリウポリの戦いで、沖縄戦を引き合いに出して「もっと早く投降すべきだった」といった橋下徹氏は、つくづく戦争を知らないんだなと思った。沖縄で日本軍がすぐ投降したら米軍は九州に上陸し、本土決戦でもっと大きな犠牲が出ただろう。

沖縄戦の直前の硫黄島もそうだった。1944年6月にサイパン島が陥落してB29が東京を爆撃できるようになったとき、日本が挽回できる見通しはなくなったので、日本政府は降伏すべきだったが、東條首相は時間稼ぎの戦いを繰り返した。それは戦略的には不合理だが、本土の民間人を救う戦いだった。

栗林忠道は硫黄島の司令官として2万の兵をひきいて戦い、米軍を震撼させた。5日で終わる予定だった硫黄島上陸作戦は36日に及び、米軍の死傷者は2万8000人で、日本軍より多かった。日本軍は全滅したが、米軍は栗林を高く評価し、硫黄島の戦いは2006年に映画化された。



栗林の作戦の特徴は、バンザイ突撃などの無駄な犠牲を出さず、地下壕にもぐって生き残り、敵に最大の打撃を与えることだった。もとより敗戦が確実であることは承知していたが、彼は「子供らが日本で一日でも長く安泰に暮らせるなら、この島を守る一日には意味がある」と考えたのだ。

続きは5月23日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

人はなぜ「不合理な戦争」をするのか

人はなぜ戦うのか - 考古学からみた戦争 (中公文庫)
ウクライナ戦争をめぐって橋下徹氏がウクライナ軍に「命が大事だから逃げろ」と言って失笑を買ったが、国のために命を危険にさらす戦争は不合理な行動である。誰でも死ぬのはいやだから、命より大事なものがないと戦争には参加しない。

ところがウクライナ軍は予想を裏切って、軍事的には圧倒的に優位なロシア軍に抗戦した。これを「アメリカの陰謀だ」とか「ネオナチの暴走だ」という人がいるが、そんなもので何万人も死者を出して3ヶ月も戦うことはできない。そこには個人の合理性を超えた感情がある。

人間がなぜ戦争するのかについては、昔からいろんな説がある。フロイトは人間には「闘争本能」があるといったが、これには証拠がない。霊長類は個体どうしが戦うことはあるが、集団で戦争を行うことはない。人類も、旧石器時代の遺跡には戦争の痕跡がない。

石器を使うようになると、他の個体を殺すことが可能になる。飢えという強烈な動機があれば、闘争本能がなくても、他の個体を殺して食うだろう。これは動物を殺して食うのと同じだが、集団で戦う必要はない。狩猟採集社会では強い集団から逃げればいいからだ。

戦争の痕跡がみられるのは新石器時代で、その9割以上は農耕社会の遺跡からみつかるという。日本では、縄文時代は1万5000年前から3000年前まで1万2000年も続いたが、その遺跡から戦争の痕跡は出てこない。戦争が始まったのは、農業の始まった弥生時代からだ。それはなぜだろうか。続きを読む

沖縄返還と「非核三原則」は佐藤栄作のスタンドプレーだった

他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス 〈新装版〉
きょうは沖縄の返還50周年。また返還のときの「核持ち込みの密約」が蒸し返されているが、最近の研究では、密約が必要だったかどうかもあやしい。もともと日米安保条約では核持ち込みを認めていたので、沖縄は特別な存在ではなかったのだ。

1969年に日米共同声明で「核抜き・本土並み」の返還が決まったのと同時に「有事の核持ち込み」を日米首脳の「議事録」で約束した。その存在は佐藤の密使としてキッシンジャーと交渉した著者(若泉敬)が明らかにし、「密約なしで沖縄返還は実現できなかった」と主張した。

2009年に民主党政権の岡田外相が密約の存在を確認したが、正式の外交文書とは認めなかった。それは日米首脳が私的にかわしたメモであり、のちの首相にも引き継がれていないからだ。

実際には返還以降、沖縄に核が配備されたことはない。沖縄に配備された米軍の戦術核(メースB)は旧式で、核兵器の主力は原潜に搭載したSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)になっていたからだ。では返還交渉で「核抜き」が最大の争点になり、密約までかわされたのはなぜか?

続きはアゴラ

脱炭素化の前に「地球温暖化懐疑論」が必要だ

気候変動の真実 科学は何を語り、何を語っていないか?
一昔前は「地球温暖化懐疑論」というと、右派ジャーナリストの書いたあやしげな本というイメージが強かった。日本でも、人為的温暖化説が「世紀の大ウソ」だといったセンセーショナルな本が多く、相手にされていない。

本書はそういう「温暖化否定論」ではなく、気候変動の専門家がこれまでのデータをサーベイした本である。著者はカリフォルニア工科大学の副学長をつとめ、オバマ政権ではエネルギー省の科学次官に任命された。

彼がそういうデータを詳細に検討して出した結論は、「気候変動の原因も将来の影響もまだ正確にわからない」という平凡な答である。1900年以降、地球の平均気温が上がっていることは事実だが、それは人類の歴史上最高気温ではない。その原因に人間活動が関与していることは明らかだが、それが主要な原因かどうかは不明だ。

図のように人間の出す温室効果ガスが地球を温暖化する一方、大気汚染で地球を寒冷化する影響もある。差し引きすると、気候システムの中で人間活動の占める比重は1%程度で、あとの99%がちょっと変動しただけで相殺されてしまうのだ。

スクリーンショット 2022-05-14 153239
人間による地球温暖化と寒冷化の影響

こういう科学論争にはまだ決着がついていないのに、20年ぐらい前の誇大な被害想定を前提にし、多大なコストをかけて「脱炭素化」が進められているが、それは人類の最優先の問題とはいえない。エネルギー問題を政治利用する前に、本書のような科学的な「温暖化懐疑論」を検討すべきだ。

続きは5月16日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

ウクライナ戦争の責任はバイデン政権にあるのか

ウクライナ戦争における中国の対ロシア戦略 世界はどう変わるのか (PHP新書)
ウクライナ戦争についての本はまだ少ないが、本書は戦争が始まってから書かれた本である。内容はかなり荒っぽいが、マスコミの主流とは違う。反ロシアという点では主流に近いが、アメリカの責任を重くみる点では異端派である。

著者が注目するのは、バイデン大統領の役割である。彼はオバマ政権の副大統領としてウクライナを担当し、2009年にはキエフを訪れて「ウクライナがNATOに加盟するなら、アメリカは支持する」と約束した。

この背景には、2008年のブカレスト宣言があった。このときアメリカは「ウクライナとジョージアが参加するだろう」と発表したが、実際にはドイツとフランスの反対で実現しなかった。その後もバイデンはウクライナを6回も訪問して工作を続け、息子ハンター・バイデンはウクライナのエネルギー企業の取締役になった。

2014年の「マイダン革命」では、オバマ政権はウクライナに介入して親米政権をつくった。その後も「NATOに加盟する努力義務」を憲法に書かせるなど、ウクライナの政権を実質的に支配し、軍事援助や共同軍事演習など、ロシアに対抗する方針を打ち出した。

この点ではアメリカがウクライナの政権をあやつっていたともいえるが、2021年12月にバイデン大統領は、プーチン大統領との首脳会談のあと「ウクライナで戦争が起こっても米軍は派遣しない」と、ウクライナ侵略を容認するともとれる発言をした。これはどういうことだろうか。

続きは5月16日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

日本は世界最古の「定住社会」

縄文人からの伝言 (集英社新書)
考古学では、いま大きな時代の書き換えが起こっている。20世紀末まで「縄文時代」といえば、1万2000年前以降の「完新世」に始まった新石器時代の後期と考えられていたが、最近の放射性同位元素(14C)による正確な年代測定の結果、最古の土器は1万6500年前のものだとわかったからだ。それが発見されたのは日本である。

これは「完新世に地球が温暖化して農業が始まり、人々が定住して土器をつくるようになった」という従来の歴史観をくつがえした。氷河期にも土器があったことは、定住生活の開始が従来の想定よりはるかに早かったことを示唆している。

他方で日本で農業が始まったのは、いくらさかのぼっても2500年前の弥生時代からなので、日本では、最長1万4000年も農業なき定住社会が続いたことになる。著者はそれが昭和30年ごろまで続いたという。世界最長の定住生活を続けた日本人は、それに適応する文化を形成したのだ。

続きは5月2日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

なぜ反ワクチンが反ウクライナになるのか

馬渕睦夫が読み解く2022年世界の真実 静かなる第三次世界大戦が始まった
いまだに私のところに毎日、陰謀論者から気持ちの悪いツイートが来る。彼らの共通点は、Qアノン(トランプ陰謀論)と反ワクチン反ウクライナが出てくることだ。この3つの出来事は独立なのに、なぜいつもワンセットなのかと不思議に思っていたが、本書を読んでその謎が解けた。

この3つだけでなく、冷戦の終了後に起こった世界の悪い出来事の原因は、一つしかないのだ——ディープステート(DS)である。その正体は不明だが、本書によると国際共産主義運動とユダヤ金融資本とグローバル企業の連合体らしく、BLMもワシントン議事堂乱入事件も新型コロナもDSの陰謀である。

コロナは武漢の研究所で製造された人工ウイルスで、これはDSの中心である中国共産党が、米国共産革命を起こすためにつくった生物兵器である。それをしくんだのはDSのエージェント、米CDCのファウチとWHO事務局長のテドロスである。

彼らの目的は、DSの中枢であるファイザーなどのグローバル企業のつくるワクチンでもうけることで、そのねらい通りコロナは世界に広がり、ワクチンで製薬資本は大もうけした…という荒唐無稽な話が続くが、根拠は何も書いてない。DSは無定義語なので、あらゆる人物がDSのエージェントになる。

陰謀論の魅力は、世界の複雑な出来事を一つの原因で単純明快に説明できることだが、それで納得するのは知能の低い読者だけである。本書のようなB級出版社の本ではユダヤ陰謀論は珍しくもないが、著者はウクライナ大使をつとめた元外交官である。普通の外交官は過剰に慎重にものをいうが、そのOBがこんな妄想を断定的に語るのはどういうわけだろうか。

続きは4月25日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

プーチンはなぜ「NATOの東方拡大」を恐れるのか

「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略 (東京堂出版)
ウクライナをめぐる問題で、いつも争点になるのは「NATOの東方拡大」である。政治学者はそんな約束はないというが、陰謀論者は結果としてNATOが拡大してきたという。それは事実だが、プーチンがそれを問題にし始めたのは古いことではない。

2001年の9・11の後、アメリカがアフガニスタンに介入したときプーチン大統領はそれを支持し、2004年にバルト三国がNATOに加盟したときも強く反対しなかった。しかし2000年代前半にロシアの周辺各国で起こったカラー革命で状況は変わった。

 ・ジョージア:バラ革命(2003)
 ・ウクライナ:オレンジ革命(2004)
 ・キルギス:チューリップ革命(2005)

こうした一連の政変で親米政権ができたことは、ソ連の崩壊後も維持してきたロシアの「勢力圏」をおかすものだとプーチンは受け止めた。特にウクライナとジョージアがNATO加盟の意思を表明したことは、彼の危機感を強めた。

国連の機能しない世界で、NATOは「ヨーロッパの国連」となりつつある。その反対物であるワルシャワ条約機構がなくなった世界では、NATO拡大はロシアを排除するアメリカの陰謀だ、とプーチンは考えたのだ。続きを読む

プーチンという「大審問官」

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
ウクライナを侵略する直前のプーチン演説を聞いて、なぜかドストエフスキーを思い出した。KGB出身らしい鋭い目つき。無表情で抑揚のない語調。そして「ネオナチの脅威からロシア系住民を守る」という空疎な(たぶん本人も信じていない)内容。

そこから連想したのは、『カラマーゾフの兄弟』の中の有名な劇中劇「大審問官」である。異端審問の嵐の吹き荒れる中世のスペインに、奇蹟で死者をよみがえらせる「彼」があらわれる。人々は彼をイエス・キリストの再臨として歓迎するが、異端審問官は彼を投獄する。その夜、審問官は牢獄を訪れ、彼に告白する。
われわれはこの仕事を、最後までやり遂げたのだ。おまえのためだ。15世紀間、われわれはこの自由を相手に苦しんできたが、いまやその苦しみかも終わった。彼らは自分からすすんでその自由をわれわれに差しだし、おとなしくわれわれの足もとに捧げた。

ウクライナの人民も、西欧から押しつけられた自由主義に苦しんでいる。プーチンという大審問官は、人民を服従させてその苦しみを終わらせ、彼らを自由という牢獄から救い出すのだ。
おまえは自由の約束とやらをたずさえたまま、手ぶらで向かっている。ところが人間は単純で、生まれつき恥知らずときているから、その約束の意味がわからずに、かえっておののくばかりだった。なぜなら人間にとって、人間社会にとって、自由ほど耐えがたいものはいまだかつて何もなかったからだ!

続きは4月4日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

レーニンからプーチンに継承される「新しいツァーリ」

ロシア革命――破局の8か月 (岩波新書)
プーチンを見て連想するのは、レーニンやスターリンである。1990年代に冷戦は終わったと思われているが、現在のロシアとソ連には相違点より共通点のほうが多い。10月革命はマルクスやエンゲルスの理想とした共産主義とはほとんど関係なく、ツァーリをボリシェヴィキに置き換えたクーデタだった。

帝政ロシアが第1次大戦で崩壊した無秩序状態でボリシェヴィキが出てきたというのも逆である。1905年の革命でストルイピンなどの改革がそれなりに成功し、軍備が近代化されて総力戦体制ができ、戦争でナショナリズム(民族主義)が昂揚した。だがロマノフ朝は多くの民族を抱える帝国だったので、各地の民族が自立するとツァーリの求心力が弱まり、地方に農産物が退蔵され、首都に食糧危機が起こって帝政が崩壊した。

各地に生まれた革命勢力は、多かれ少なかれ社会主義的だったが、ロシアのインテリの多くは西欧の自由主義にあこがれており、ボリシェヴィキのように暴力革命をめざす勢力は少数派だった。しかし戦時体制が社会全体を「一つの工場」にするという戦時共産主義にリアリティを与え、レーニンは反対派を暴力で排除して権力を確立した。

だからロシアのような後進国で革命が成功したのは逆説ではなく、むしろ西欧的な自由主義も法の支配も欠如していたから成功したのだ。その原動力はマルクス=レーニン主義の理論ではなく、農民が分裂する民族を再統合する新しいツァーリの役割をボリシェヴィキに期待したからだ。その伝統は、プーチンまで継承されている。

続きは3月28日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)



記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons
  • ライブドアブログ