女系天皇の何が悪いのか

世襲の日本史: 「階級社会」はいかに生まれたか (NHK出版新書)
自民党総裁選で、女系天皇については野田聖子氏以外の3人が反対で、一時は女系を容認した河野太郎氏まで曖昧な答に終始しているが、これはそれほど大きな問題なのだろうか。

まず憲法では天皇は単なる象徴であり、それが男だろうと女だろうと政治に影響はない。大正天皇のように健康上の問題があると困るが、愛子様には問題ない。彼女が皇室の外から夫を迎えると、その子は(男子であっても)女系天皇になるが、何も実害はない。

男系にこだわって「旧宮家の復帰」などのややこしい方法を考えるのは、「男系男子が万世一系の皇統だ」という神話を信じているからだろうが、継体天皇以前の王朝は複数あり、ウルトラマンファミリーのように血はつながっていなかった。日本書紀以降は男系が続いたことになっているが、これも明治時代に宮内省の編纂した皇統記以外に証拠はない。

それよりも明らかなのは、平安時代以降は天皇に実権がなくなったことだ。政治的意思決定をしたのは藤原氏であり、歴代の天皇は藤原家に婿入りした。これは世界の王家には類をみない伝統であり、国家権力が実質的には女系で継承されていたことを意味する。12世紀以降に実権をもったのは、天皇家と無関係な武士だった。

男系男子は中国の皇帝の継承原理で、宦官などの制度で厳格に守られたが、日本には宦官がなかった。実質的な権力は、血統ではなく「家」で継承されたからだ。日本の伝統は血ではなく家だという事実は、現代社会を考える上でも重要である。10月からのアゴラ読書塾では、こういう日本社会の深層構造を考えたい。

agoradokusho

続きはアゴラサロンでどうぞ(初月無料)

戦略が組織に従う昭和陸軍

昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐 (中公新書)
本書は今日では陸軍についての古典といってもいいが、最初読んだときは、固有名詞がたくさん出てきて、それを覚えないとあとの話がわからなくて困った。陸軍の意思決定がすべて「**さんがいうことだから」という人間関係で決まっていたからだ。

昭和に入ってからの陸軍は、それまでとは違う組織になった。明治の陸軍は薩長の武士だったが、大正期にその世代は引退した。1921年にドイツのバーデン・バーデンで、永田鉄山、小畑敏四郎、岡村寧次の3人が、長州閥を打破して国家総動員体制をつくる誓いを結んだ。これが昭和陸軍の誕生である。

そこから統制派と皇道派の派閥抗争が始まり、1935年の永田暗殺事件に至る。二・二六事件の後は粛軍人事で皇道派が排除されたが、統制派の中で武藤章や田中新一のような強硬派が実権を握り、石原は日中戦争に反対したが武藤が強行し、武藤は日米開戦には反対だったが田中が強行する…というように次第に強硬派に主導権が移った。

昭和陸軍の意思決定は、統制派の20人余りのグループの中で引き継がれ、彼らの微妙な方針の違いが、軍全体の戦略を決めた。チャンドラーの「組織は戦略に従う」という言葉とは逆に、統制派という組織が戦略を決めたのだ。

続きは9月20日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

偽造された「明治ナショナリズム」

尊皇攘夷: 水戸学の四百年 (新潮選書)
高市早苗氏を初めとする劣化保守が信じている夫婦同姓や男系の皇統などは日本古来の伝統ではなく、明治時代に偽造されたナショナリズムである。それも一つの伝統ではあるが、コモンロー的な自生的秩序ではなく、日本人の心の中には根づいていない。

天皇が尊敬の対象になったのは、そう古いことではない。江戸時代なかばまでのミカド家は貧しい公家の一つで、13世紀以降は「**天皇」という謚さえなかった。その皇統譜ができたのは1925年であり、天皇家の系図は日本書紀と同じように後世につくられた神話である。

天皇が国家の象徴になったのは儒学の影響だが、本来の儒学では中国の皇帝以外は「夷狄」なので、ミカド家が天皇を自称するのは僭称だった。この正統性の問題は江戸時代の儒学者の論争のテーマで、そこから生まれたのが水戸学だった。

ここでは古来の天皇が日本の正統な君主で、将軍家はその地位を簒奪したという儒教的な価値観で歴史が編纂され、それが尊王攘夷という排外主義になった。その元祖が会沢正志斎や藤田東湖などの後期水戸学で、著者はここにグローバル化の意識を見出している。

江戸時代までの「いくさ」は各藩の紛争であり、それを防ぐために武士を農村から切り離して城下町に集めたが、これでは対外的な戦争にそなえることができない。そこで会沢が提案したのは、武士を農村に返して国土を防衛し、一国一城制や参勤交代を廃止する改革だった。

そこで明治時代に幕藩体制を超えるナショナルな権威としてつくられたのが天皇だったが、それは結局、根づかなかった。それは敗戦であっという間に人々が明治憲法を捨てたことでもわかる。日本人にとってナショナルな記号には実体がないので、天皇でもマッカーサーでもよかったのだ。



続きは9月20日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

核燃料サイクルはなぜ止められないのか

原子力と政治:ポスト三一一の政策過程
アゴラにも書いたように、核燃料サイクルがビジネスとして成り立たないことは、電力会社の経営者も技術者もわかっている。役所も2004年に「19兆円の請求書」を出したときからわかっていた。それなのに、なぜ20年近く止まらないのか。

それは「使用ずみ核燃料は青森県六ヶ所村の再処理工場に送る」という前提で、全国の原発が動いているからだ。これを知らないで2012年に「革新的エネルギー・環境戦略」で「原発ゼロ」を打ち出した民主党政権は、青森県知事に拒否権を発動されて挫折した。

青森県と電力会社の結んだ協定では、六ヶ所村でつくるプルトニウムは、他に運んで核燃料として利用することになっていた。しかし原発ゼロにするなら核燃料サイクルもなくなるので、再処理は必要ない。六ヶ所村にあった約3000トンの核廃棄物は「すべて発電所に送り返す」と青森県知事は通告したのだ。おかげで民主党政権は「戦略」を閣議決定できなかった。

もし河野太郎氏が首相になると、同じ問題に直面するだろう。彼が「核燃料サイクルをやめる」と決めると、青森県は「使用ずみ核燃料を送り返す」と通告するかもしれない。河野氏は民主党政権と違ってこの分野のエキスパートだから、その対策は考えているはずだ。

続きは9月13日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

日本社会の秩序を支えてきたのは「血より家」

日本史の法則 (河出新書)
自民党総裁選で「女系天皇」が話題になっている。ほとんどの人にはどうでもいい話だが、自民党のコア支持層(日本会議とか神社本庁など)には根強く「男系の皇統」への執着があるので、無視できないのだろう。

これが継体天皇以前の時代には成り立たないことは明らかだ。6世紀以前には単一の王朝がなかったので、男系も女系もない。この時期の日本は、トッドの分類でいうと核家族の集合体だった。それが7世紀に天皇家の支配が確立するに従って男系男子の皇統が成立し、トッドのいう直系家族に移行した。

この時期以降の天皇家は男系男子だが、その血統が1000年以上も続いたのは、天皇の権力が強かったからではない。逆に天皇の血統は重要ではなかったからだ。平安時代になると藤原氏が娘を天皇と結婚させて摂政や関白になり、歴代の天皇は藤原家に「婿入り」して藤原氏の家で暮らすようになった。

藤原氏が天皇を廃位して自分が天皇になることは容易だったが、そんなことをする必要はなかった。藤原氏は天皇に代わって意思決定できたからだ。大事なのは血統ではなく、藤原氏の「家」だった。天皇と血がつながっていなくても、その義父や大叔父として属人的な権力をもった。この血より家という原則が、日本史を貫く法則だ、と本書はいう。

続きは9月13日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

河野太郎氏は「脱原発」を封印したのか

日本を前に進める (PHP新書)
自民党総裁選挙で、今のところ世論調査でトップを走っているのは河野太郎氏である。きょうは石破茂氏が出馬しないで河野氏を支持するというニュースが流れ、一段と有利な情勢になってきた。しかし彼の最大の不安要因はエネルギー政策である。

河野氏はかねてから、自民党の中で唯一「脱原発」を公言してきた。ところが本書には「脱原発」という言葉は、1回しか出てこない。それも核燃料サイクルを論じる中で出てくるだけで、かつて河野氏の主張していた「原発ゼロ」は出てこない。

これは好意的にみると、脱原発を卒業して大人になったとみることもできるが、総裁選向けに一時的に封印しただけとみることもできる。今までと変わらないのは、核燃料サイクルに全面的に反対していることだ。本書ではASTRIDなどの高速炉が挫折したことをあげ、再処理からの撤退を提言している。

この点は河野氏が正しい。2013年に故澤昭裕氏と私と3人で話したときも、核燃料サイクルに未来はないという点で、河野氏と私の意見は一致した。問題はその先である。

スクリーンショット 2021-09-06 230327

続きは9月13日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

「空間革命」が資本主義を生んだ

陸と海 世界史的な考察 (日経BPクラシックス)
地球の表面の7割は海だから、それは本当は「水球」と呼ぶのが正しい。農業社会では、人々の生活は土地に全面的に依存していたため、戦争は陸の中で行なわれたが、それを海に拡大したことが、イギリスが近代化の競争の中で勝者になった最大の原因だった、とカール・シュミットは考える。

ヨーロッパで海を舞台に活躍したヴェネチアの船はオールでこぐものだったが、16世紀にオランダが帆船を開発し、航海術が大幅に進歩した。これによって長距離の航海が可能になり、スペインやポルトガルなどが大西洋を渡って新大陸を開拓したが、最終的に大西洋を制したのはイギリスだった。それを実現したのは海賊であり、彼らが国営化されてイギリス海軍になった。

大陸諸国の戦争は一定の陸地を奪い合うゼロサム・ゲームだったが、大英帝国は世界の海をほぼ一国で支配し、経済の中心を陸から海に広げる空間革命を実現した。それがイギリスが資本主義のリーダーになった原因であり、18世紀以降の産業革命はその結果である。

陸地に依存しないで世界を自由に動くことが資本主義の本質なので、領土に依存した主権国家システムとは矛盾していた。国王や領主は資本を一国にとどめて課税しようとするが、資本は税の安い国に逃げ、高い関税をかけた国は貿易競争で負ける。それが現代にも起こっていることだ。

続きは9月6日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)

市場経済は「自生的秩序」ではない

致命的な思いあがり (ハイエク全集 第2期)
本書はハイエクの草稿を他人がまとめて出版した本だが、最晩年の到達点を示すものとして興味がある(訳本は非常に高価なので図書館で読むことをおすすめする)。新古典派経済学が物理学をモデルにしたのに対して、彼は進化論をモデルにして社会を語る。

ハイエクは計画経済の設計主義(constructivism)に対して市場の自生的秩序(spontaneous order)を擁護した思想家として知られているが、本書ではそれを否定し、生物としての人間に自然な感情は、集団を守る部族感情だという。
それはホモ・サピエンスの生物学的構造が形成されつつあった数百万年のあいだ、人類とその直接の祖先が進化を遂げた小さな流浪する集団や群れでの生活に適応させられたのである。この遺伝的に受け継がれてきた本能は、群れのメンバーのあいだの協同、すなわち必然的に相互になじみで信頼のおける仲間たちの狭く限定された相互作用たらざるをえない協同を制するのに役立ったのである。(p.19)

ハイエクは生物学の集団淘汰理論も知っており、獲得形質は遺伝しないが、社会的に獲得された習慣や規範は継承されるので文化の進化はラマルキズムを模倣するという。これは最近の文化的進化の理論とほとんど同じである。

人類が進化の大部分を過ごしてきた部族社会では、他人に同情し、協力して平等を求める部族感情がきわめて重要で、宗教はそれを維持する装置だが、こうしたローカルな感情は何百万人が暮らす「大きな社会」ではうまく機能しないので、非人格的ルールが必要になる。

その非人格的ルールの最たるものが市場だが、利潤や競争原理は部族感情に合わないため、いつも軋轢を起こしてきた。カトリックでは金利は禁止だったし、イスラムでは今も禁止されている。この意味で市場は、自生的秩序とはいえず、法の支配という西洋に固有のルールでつくられた、きわめて人工的な秩序なのだ。

続きはアゴラサロンでどうぞ(初月無料)

部分が全体を支配する「逆説の軍隊」

シリーズ日本の近代 - 逆説の軍隊 (中公文庫)
コロナをめぐる日本の意思決定をみていると、戦前、軍部に振り回された経験にまったく学んでいないと思う。当時の軍は単なる暴力装置ではなく、日本最高の専門家集団であり、陸軍大学は帝国大学と並ぶ知的権威だった。尾身会長が首相を超える権力をもつようなものだ。

日清・日露戦争までの日本は、明治維新から半世紀足らずで世界の強国ロシアを倒した驚異的な成功物語だった。それが昭和になって暴走し、日中戦争や日米戦争などの泥沼にはまっていった原因を考えることは、現代でも意味がある。

昔から皇帝が軍を指揮する国は多かったが、傭兵が多いため士気が低く、その規律を維持するのが大変だった。他方、都市国家は「自分の国を守る」という意識が強いため士気は高かったが、規模において劣る。両方の利点を生かし、国家的な規模で徴兵制を実現したのが近代国家の強みだった。

この点では日本の武家は、ローカルな都市国家に近かった。江戸時代までは「日本」という国家が意識されず、武士のエートスは各藩(家)のために戦う、主君への私的な忠誠だったからだ。それが一挙に「大日本帝国」への忠誠心に変わったのはなぜか?
続きを読む

専門家が政府の方針を決める愚

日本はなぜ開戦に踏み切ったか―「両論併記」と「非決定」 (新潮選書)
コロナをめぐって迷走する意思決定をみて、戦前を連想する人は多い。最近ロックダウンを求めるなど発言が過激になってきた尾身分科会長をみて、東條英機を連想するのは、私だけではないだろう。

共通するのは専門家の暴走である。軍部はいつの時代にも、戦争を求める。地震学者は地震対策に無限のコストを求め、気象学者は気候変動に無限の対策を求める。感染症学者が感染症対策に無限のコストを求めるのも当然であり、政治はそういう個別利害を超え、全体最適を考えて判断しなければならない。

それが文民統制の本来の意味だが、戦前の日本では軍部に知的エリートが集まり、その権威に政治家が勝てなくなった。軍部が「統帥権の独立」という論理で独立性を主張し、政府が決定して専門家が実行する階層構造が崩れてしまった。

その結果、指揮系統が混乱して両論併記と非決定で先送りが続く。それで何もしなければまだいいのだが、最後は状況に迫られ、ドタバタの中で誰も望まない結論が出てしまう。日米開戦は東條さえ望まななかった。

続きは8月23日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Creative Commons
  • ライブドアブログ