きのうのシンポジウムでは、ホリエモンの原子力についての話が印象的だった。3・11から11年たち、全国の原発には動いていた時期を知らない人も多い。もっと深刻なのは、原子力開発を志す若者がいなくなったことだ。その教訓を航空機産業に学ぶことができる。

三菱重工が国産ジェット機(MRJ)の開発を開始したのは、2008年だった。これは座席100席程度で地方路線を飛ぶ「リージョナル・ジェット」で、YS-11で成功した航空機技術を生かし、日本がジェット機に進出しようというものだった。

日本の航空機は、かつてはゼロ戦のように高い技術をもっていたが、敗戦で航空機メーカーが解体された。1950年代に開発が許可され、1965年には戦後初の国産航空機、YS-11が就航した。日本の製造業は自動車のように部品が3万点以上だと優位性を発揮するが、航空機の部品は100万点以上で、日本の得意分野だった。

YS-11は部品の50%以上を分担する三菱など7社が各部品を分担して開発したが、商業的には成功しなかった。1980年代以降の航空自由化の中で価格競争が激化して海外では赤字受注になり、市場が国内に限られたからだ。

それから40年をへて、国交省が支援して三菱が開発したのがMRJだが、開発は難航し、2020年に事業が凍結された。その原因は複雑だが、ホリエモンが指摘したのは、YS以来40年の技術の空白だった。航空機のように複雑な製品になると、要素技術だけでなく、それを組み合わせる総合調整力が必要になる。それが途切れてしまったのだ。

原子力技術は今のところまだ日本が世界のトップだが、今のままでは航空機と同じ運命をたどるおそれが強い。原発は部品1000万点に及ぶ巨大プロジェクトであり、しかも日本はそのほとんどを国内で調達している。このサプライチェーンがいったん失われると、再構築はむずかしい。ホリエモンの見立てでは「原子力産業の余命はあと10年」だという。

続きは7月18日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)