旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記 (全集 日本の歴史 1)
人類の歴史は、気候変動と関連している。縄文時代が始まった1万3000年ぐらい前は、氷河期が終わって温暖化し、植物が生育するようになった時期だった。われわれの祖先は、この時期から日本列島に定住し、植物を採集して暮らすようになった。

しかし6000~7000年前から寒冷期が始まり、植物が自由に採集できなくなった。この時期に大陸では黄河文明が始まり、多くの人々を潅漑工事に動員し、農業で自然を支配する国家が生まれた。本書はこのようなタイプの文化を「文明」型文化と呼ぶ。

われわれは「文明」しか知らないので、それ以外の「未開社会」は遅れたものと考えているが、人類の歴史上の圧倒的多数は狩猟採集社会であり、穀物を栽培する農業はたかだか7000年前に生まれたものだ。

多くの人が特定の地域に定住して農耕で富を蓄積するようになると、土地を奪い合う。文明が戦争を生んだというのは逆である。戦争で生き残った文明だけが今日に残っているのであり、文明という概念は戦争で生き残った国家の生存バイアスなのだ。

日本の縄文時代のような農業なき定住社会は、他には北米の先住民にしかみられない。彼らが16世紀まで生き残ったのも、アジアから渡ってきて北米に隔離されたからだが、国家をもつ白人との戦いで全滅した。日本人が大陸と海を隔てていなかったら、北米先住民のように全滅しただろう。

続きはアゴラサロンでどうぞ(初月無料)