アゴラの記事に、ツイッターでコメントがたくさん来た。いちいち答えるのは面倒なので、ここでまとめて答えておこう。

いちばん多いのは「日銀当座預金は負債ではないのではないか」という疑問だが、これについては短い答がある:次のように日本銀行の貸借対照表の負債の部に「当座預金522兆円」と記載されており、これが負債であることに疑問の余地はない。

スクリーンショット 2022-05-25 133958

問題は日銀当座預金に「実質的な債務性」があるのかということだが、これは金利がつくのかという問題に帰着する。これについても、黒田総裁が明確に答えている。彼は今年2月15日の国会で、こう答弁した。

ありうるシナリオとしては、将来2%に物価上昇率が近づいていくと、出口という議論になりますし、一つのあり方として政策金利が引き上がってゆく。そうなると当然、日銀当座預金に対する付利の引き上げなどによって支払い金利が増えてゆくことから逆鞘になる可能性が論理的にはある。

だから日銀当座預金は形式的にも実質的にも負債であり、借方と貸方が一致しない高橋洋一氏のバランスシートは誤りだ。彼が日銀の資産として計上した714兆円の保有国債は、それを買った日銀の負債(大部分が日銀当座預金)と相殺され、連結では統合政府の負債に計上されるのだ。

スクリーンショット 2022-05-25 141048

国債は日銀以外の民間金融機関も保有しているので、その負債が947兆円(年金債務なども含む)。そして純資産(負債-資産)が540兆円の債務超過である。これは財務省のバランスシートにも書かれている。

他の疑問はアゴラサロンでどうぞ(初月無料)