気候変動の真実 科学は何を語り、何を語っていないか?
一昔前は「地球温暖化懐疑論」というと、右派ジャーナリストの書いたあやしげな本というイメージが強かった。日本でも、人為的温暖化説が「世紀の大ウソ」だといったセンセーショナルな本が多く、相手にされていない。

本書はそういう「温暖化否定論」ではなく、気候変動の専門家がこれまでのデータをサーベイした本である。著者はカリフォルニア工科大学の副学長をつとめ、オバマ政権ではエネルギー省の科学次官に任命された。

彼がそういうデータを詳細に検討して出した結論は、「気候変動の原因も将来の影響もまだ正確にわからない」という平凡な答である。1900年以降、地球の平均気温が上がっていることは事実だが、それは人類の歴史上最高気温ではない。その原因に人間活動が関与していることは明らかだが、それが主要な原因かどうかは不明だ。

図のように人間の出す温室効果ガスが地球を温暖化する一方、大気汚染で地球を寒冷化する影響もある。差し引きすると、気候システムの中で人間活動の占める比重は1%程度で、あとの99%がちょっと変動しただけで相殺されてしまうのだ。

スクリーンショット 2022-05-14 153239
人間による地球温暖化と寒冷化の影響

こういう科学論争にはまだ決着がついていないのに、20年ぐらい前の誇大な被害想定を前提にし、多大なコストをかけて「脱炭素化」が進められているが、それは人類の最優先の問題とはいえない。エネルギー問題を政治利用する前に、本書のような科学的な「温暖化懐疑論」を検討すべきだ。

続きは5月16日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)