チェルノブイリ:「平和の原子力」の闇
ロシア軍がチェルノブイリ原発の使用ずみ核燃料プールを占拠したというニュースで、1986年の事故を思い出した人が多いだろう。本書は事故の当事者に取材し、事故のもようを分刻みで再現したドキュメントである。

その発端は、外部電源を喪失したとき、発電機のタービンの慣性回転を利用して電源を確保する実験だった。4月25日、4号炉のECCS(緊急炉心冷却装置)の電源を切り、制御棒を引き抜いた。この結果、原子炉の出力が上がり、緊急停止の信号が出るはずだったが、そのスイッチを切っていたため、作業員は出力上昇に気づかなかった。

このため核反応が暴走し、原子炉が完全に破壊されて高温の放射性物質が成層圏まで立ち昇り、周囲に降り注いだ。これを消火するために駆けつけた作業員は事故の詳細を知らされず、線量計もつけなかったため、28人が急性被曝で死亡し、その後22人が死亡した。広範囲に拡散された放射能で、全ヨーロッパの発癌率が上がると予想されたが、その結果はどうだったか。

本書は427ページから2ページだけ、さらっとふれている。事故から30年たった学会で、多くの科学者がチェルノブイリ事故の長期的な健康被害について合意に達した。それは統計的に有意な発癌率の上昇は観測されなかったということである。

続きは3月21日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)