330px-Official_Portrait_of_President_Reagan_1981ウクライナ戦争の焦点は、プーチンが核兵器を使うかどうかに尽きる。その脅威は冷戦とともに終わったと思われていたが、改めて相互確証破壊(MAD)の意味を考える必要がある。それが成り立つには、三つの条件が必要である。

まず双方の核戦力が均衡していることだ。1950年の朝鮮戦争のころには、戦力は不均衡であり、マッカーサーは核兵器の使用を主張したが、トルーマンは拒否した。これによって核兵器は「大統領の許可なく使えない特別な兵器」になった。

第2の条件は、核保有国の指導者が合理的であることだ。この点でスターリンは合理的だったが、フルシチョフはそうではなかった。冷戦が実際の戦争に転化する最大の危機は、1962年のキューバ危機だったが、実際にはフルシチョフは十分なミサイルを持っておらず、これは単なる脅しだった。

第3の条件は、迎撃できないことだ。迎撃ミサイル(ABM)は1972年にABM条約で禁止されたが、レーガン米大統領はこれに挑戦した。

続きは3月14日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)