世界的にインフレ基調になり、インフレ目標2%を設定した日銀は大喜びかと思ったら、黒田総裁はご機嫌斜めだそうだ。日銀が国債の保有残高を減らして「出口」にさしかかったときインフレになるのは、彼の「異次元緩和」がトンチンカンだったことを示しているからだろう。

インフレ目標は2013年1月に白川総裁の時代に設定し、黒田総裁が「マネタリーベースを2年で2倍にして2%」というキャッチフレーズで実現しようとしたものだ。図のように2014年には一時的にドル高・原油高で2%を超えたこともあるが、為替が落ち着くと元に戻った。いまだにCPI上昇率は0.1%である。

4720
社会実情データ図録

理論的には、インフレのメリットは賃金の下方硬直性ゼロ金利制約を解決できることだが、前者は日本にはほとんどなく、後者の原因は自然利子率がマイナスになっていることなので、それを解決しないで日銀が「期待に働きかける」だけでインフレが起こることはありえない。

これは2013年に(私を含めて)ほとんどの経済学者が指摘したことだ。黒田総裁は自信たっぷりだったが、9年間の壮大な社会実験は通説を確認しただけだった。何がまちがっていたのだろうか?

続きは1月17日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)