ドイツ・ナショナリズム 「普遍」対「固有」の二千年史 (中公新書)
今やドイツはEUの中心である。イギリスが離脱した後のEUは「ドイツ帝国」になり、ドイツ人は難民受け入れなどの「多様性」を指導し、ECBの中心として緊縮財政を南欧諸国に求め、「2050年ネットゼロ」をめざす環境原理主義を生んだ。

このようなドイツ人の行動に共通しているのは、彼らの利益が西欧の利益であり、それが人類の普遍的な利益だと信じて、世界に広める宗教的信念である。これを本書は西欧的=「普遍的」価値と呼ぶ。このドイツ的普遍主義はプロテスタンティズムを生み、ヨーロッパで宗教戦争の続く原因となった。

他方でドイツ人には「固有性」を求めるナショナリズムがあり、それがナチズムのような暴力として爆発することもある。1945年以降はそれを懺悔して西欧的リベラリズムに同化しようとするハーバーマスなどの知識人が、ナショナリストを「道徳の棍棒」でたたき続けてきた。この状況は戦後の日本に似ているが、著者はこれを知的戒厳令体制と名づけている。

続きは12月20日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)