「慰安婦」はみな合意契約をしていた
慰安婦問題にはもう飽き飽きした人が(私を含めて)多いだろう。それが強制連行だったか否かという問題には決着がついたが、韓国がゴールポストを動かし、慰安婦は性奴隷=人身売買だったという「女性の人権」問題にすり替えて、アメリカ民主党の人権派に売り込んだからだ。

この論点で日本が勝つのはむずかしい。人身売買についての証言は多く、自発的な契約だったという直接の証拠はないからだ。アゴラでも紹介したラムザイヤー論文は「契約書は確認できない」と書いて集中砲火を浴びた。

ところが米軍の捕虜尋問調書には、慰安婦の契約について詳細に書かれている。本書はそれを根拠に「慰安婦はみな合意契約していた」というのだが、こういう全称命題は一つでも反例が出てくると崩れる。日本の公娼にも親の借金を返すために身売りする例が多かったので、もっと貧しかった朝鮮半島でそれがゼロだったとは考えられない。

しかし韓国政府のいうように慰安婦はみな人身売買だったという主張は、明らかに誤りである。少なくともビルマで働いていた朝鮮人慰安婦の契約は陸軍が監視し、「自ら署名」していた。これは意外に重要である。それは慰安婦が制度的な「性奴隷」ではなかったことを示しているからだ。

続きは10月25日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)