あす投開票の自民党総裁選挙の大勢が判明した。共同通信の票読みでは、河野氏が300票を超えたが、第1回投票では過半数に達しない。岸田氏が約230票、高市氏が約170票で、決選投票は河野vs岸田になることがほぼ確定した。


西日本新聞より

決選投票では議員票だけが問題なので、岸田氏と高市氏の2・3位連合ができれば、岸田氏の議員票140票に高市氏の議員票100票が上積みされ、240票で、総投票数(430票)の過半数になり、河野氏を逆転する。

続きはアゴラ