世襲の日本史: 「階級社会」はいかに生まれたか (NHK出版新書)
自民党総裁選で、女系天皇については野田聖子氏以外の3人が反対で、一時は女系を容認した河野太郎氏まで曖昧な答に終始しているが、これはそれほど大きな問題なのだろうか。

まず憲法では天皇は単なる象徴であり、それが男だろうと女だろうと政治に影響はない。大正天皇のように健康上の問題があると困るが、愛子様には問題ない。彼女が皇室の外から夫を迎えると、その子は(男子であっても)女系天皇になるが、何も実害はない。

男系にこだわって「旧宮家の復帰」などのややこしい方法を考えるのは「男系男子が万世一系の皇統だ」という神話を信じているからだろうが、継体天皇以前の王朝は複数あり、ウルトラマンファミリーのように血はつながっていなかった。日本書紀以降は男系が続いたことになっているが、明文の規定はなく、明治時代に宮内省の編纂した皇統記以外に証拠はない。

それよりも明らかなのは、平安時代以降は天皇に実権がなくなったことだ。政治的意思決定をしたのは藤原氏であり、歴代の天皇は藤原家に婿入りした。これは世界の王家には類をみない伝統であり、国家権力が実質的には女系で継承されていたことを意味する。12世紀以降に実権をもったのは、天皇家と無関係な武士だった。

男系男子は中国の皇帝の継承原理で、宦官などの制度で厳格に守られたが、日本には宦官がなかった。実質的な権力は、血統ではなく「家」で継承されたからだ。日本の伝統は血ではなく家だという事実は、現代社会を考える上でも重要である。10月からのアゴラ読書塾では、こういう日本社会の深層構造を考えたい。

agoradokusho

続きは9月27日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)