日本史の法則 (河出新書)
自民党総裁選で「女系天皇」が話題になっている。ほとんどの人にはどうでもいい話だが、自民党のコア支持層(日本会議とか神社本庁など)には根強く「男系の皇統」への執着があるので、無視できないのだろう。

これが継体天皇以前の時代には成り立たないことは明らかだ。6世紀以前には単一の王朝がなかったので、男系も女系もない。この時期の日本は、トッドの分類でいうと核家族の集合体だった。それが7世紀に天皇家の支配が確立するに従って男系男子の皇統が成立し、トッドのいう直系家族に移行した。

この時期以降の天皇家は男系男子だが、その血統が1000年以上も続いたのは、天皇の権力が強かったからではない。逆に天皇の血統は重要ではなかったからだ。平安時代になると藤原氏が娘を天皇と結婚させて摂政や関白になり、歴代の天皇は藤原家に「婿入り」して藤原氏の家で暮らすようになった。

藤原氏が天皇を廃位して自分が天皇になることは容易だったが、そんなことをする必要はなかった。藤原氏は天皇に代わって意思決定できたからだ。大事なのは血統ではなく、藤原氏の「家」だった。天皇と血がつながっていなくても、その義父や大叔父として属人的な権力をもった。この血より家という原則が、日本史を貫く法則だ、と本書はいう。

続きは9月13日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)