昭和陸軍 七つの転換点 (祥伝社新書)
歴史にifは無意味だが、もし日本が対米開戦しなかったら、というのは日本人なら誰もが一度は考えるifだろう。本書はそれを中心にして、7つの転換点を検証したものだ。

最初の転換点は満州事変である。これは石原莞爾の暴走ではなく、永田鉄山を初めとする陸軍統制派の計画だった。それは成功したが、永田のねらいは満州だけではなく、華北も支配下に収めることだった。ヨーロッパで起こる世界大戦には、華北の資源が必要だったからだ。

それに続いて陸軍は華北分離工作を進めたが、1935年に永田が暗殺されて、計画は大きく狂った。命令系統が混乱して二・二六事件のようなクーデタやテロが頻発し、日中戦争が際限なく拡大した。石原のような不拡大派は主流から外され、武藤章を初めとする統制派が主導権を掌握する。

最後の転換点は、南部仏印進駐である。第二次大戦でドイツが勝つとみた松岡洋右は、勝ち馬に乗るつもりで三国同盟を結んだが、陸軍は消極的だった。そのころ陸軍は対ソ戦の準備を進めていたからだ。陸軍は関特演(関東軍特種演習)と称して85万人の兵力をソ満国境に集結させたが、開戦直前の1941年8月に中止した。

その原因は、アメリカの石油全面禁輸だった。日本は石油の75%をアメリカから輸入しており、これを禁輸することが対米開戦のきっかけになりうることは、ルーズベルト大統領もわかっていた。ではなぜ日本を挑発するような禁輸に踏み切ったのだろうか?

続きは8月9日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。