WSJが気になるコラムを書いている。アメリカの物価連動国債インデックスの利回りが8%を超えたというのだ。これは1990年代以来だという。

im-371331

物価連動国債というのは「インフレ投機」である。物価が上がれば元本が上がり、インフレになればなるほどもうかる。現実のCPIは5%を超えたので、債券市場はインフレがさらに加速するとみているわけだ。FRBは「インフレは一時的な現象だ」としているが、このように当局とマーケットの意見が食い違う場合は、たいていマーケットが正しい。

スクリーンショット 2021-07-19 113107

日本では誰も(日銀も)インフレを予想していないが、上の図のように日本の予想インフレ率(BEI)も、ゆるやかに上がり始めている。この背景には唐鎌大輔氏の指摘するようにISバランスが極端な貯蓄過剰になり、インフレのマグマが貯まっている状況がある。これもアメリカと似ている。

karakama_savings_graph_1

この10年の世界経済(この20年の日本経済)の前提は長期金利r<名目成長率gだったが、それを提唱したサマーズでさえ、バイデン政権のインフレ政策は危険だと警告している。r>gの世界は、マクロ政策のすべての前提がくつがえる「ブラックスワン」なのだ。

続きはアゴラサロンでどうぞ(初月無料)。