シンガポール政府のコロナ対策タスクフォースの首脳(財務相・通商産業相・保健相)が、感染症対策を転換すると発表した。



シンガポールはこれまで厳格な「ゼロコロナ」路線をとり、入国者や濃厚接触者の隔離を徹底してきたが、それをやめ、コロナと共存するニューノーマルの道を選ぶのだ。

続きはアゴラ