中世社会のはじまり〈シリーズ日本中世史 1〉 (岩波新書)
コロナをめぐる意思決定の混乱をみていても、日本は「決められない国」だという感をあらためて強くする。これについて「憲法改正で非常事態条項を設けて有事立法すべきだ」という意見はわかるが、たとえ憲法を改正しても、この「国のかたち」は変わらないと思う。

こういう意思決定の根底には、少なくとも江戸時代から、さらに遡ると鎌倉時代から続くイエ社会の構造があるのではないか。その特徴は、数百人の小集団をコアとして行動し、その内部では濃密に情報共有するが、それを超える強い権力を許さないことだ。

日本社会の根底にこのようなイエの構造があると指摘したのは村上泰亮だった。これは唯物史観の支配的だった日本の歴史学界では無視されたが、本書のような最近の概説書では、中世の歴史が「家」の歴史として書かれている。

その始まりは10世紀ごろ、在地領主の私兵として生まれた「兵」(つわもの)で、これが地域的に組織されて「武士団」が生まれた。これは初期には武士を中心とする職能集団だったが、その指導者の地位が世襲されるようになり、原初的な血縁集団である「氏」から機能集団(社団)としての「家」が生まれた。

その構造が1000年後の今日にも受け継がれているというイエ社会論には、図式的だとか実証的根拠がないという批判も多いが、「決められない国」の原因を説明する仮説としては有効だと思う。問題は、なぜその構造がこれほど長く続いているのかということだ。

続きはアゴラサロンで(初月無料)