昨今のコロナ騒動で、デモクラシーの意味があらためて問われている。医学やテクノロジーの専門家を民主的な政府がコントロールするというのが近代国家の原則だが、今や大衆がネットで知識を得るので、専門知識はブラックボックスではない。

そうすると従来のように政府が専門知識を独占して決定するという前提が崩れ、だれもが意思決定に参加しようとして政府を批判し、収拾がつかなくなる。それに対して中国のような独裁国家は、情報を共産党が独占してロックダウンもできるので、感染症をコントロールする上では効率的である。

このような競争は、100年前にも起こった。第一次大戦は帝政と民主政の制度間競争だったが、後者の圧倒的な勝利に終わり、ドイツ、ロシア、オスマン、オーストリア=ハンガリー帝国が消滅した。総力戦では武器だけではなく、経済力や国民の支持が必要なので、国王のための戦争ではなく、主権者たる国民が祖国のために戦う西欧型デモクラシーは、戦争に勝ち抜く上で最強の政治システムだった。

今は逆の制度間競争が起こっている。中国の独裁制は意思決定の効率が高く、コロナを征圧する上でも有効だった。中国のGDPは2028年に世界一になり、日本は中国の衛星国家になるかもしれない。

続きはアゴラサロンで(初月無料)