私は森喜朗氏を政治家としてまったく評価しないが、今回の追放劇はあまりにも理不尽だった。元の発言は「女性枠」に対する皮肉で、女性蔑視でも差別でもなく、彼の進退にかかわるような話ではなかった。

森氏についての論評で印象的なのは、彼の身近にいた人ほど評価が高いことだ。首相としての実績はゼロだったが、自民党内のまとめ役としては、派閥を超えて人望があったらしい。親分肌で義理人情に厚く、オリンピック組織委員会の会長も無報酬で引き受け、癌の手術後、透析を受けながらやっていた。よくも悪くも、昔ながらの自民党の政治家なのだと思う。

自民党は近代的な政党とは違い、個人後援会の集合体だ。後援会は江戸時代から続く「家」システムの延長上にある利益集団である。政治家の地元で同行取材すると驚くのは、冠婚葬祭の類が多いことだ。かなり大物の政治家でも、数十人規模の葬儀や結婚式にまめに顔を出す。忘年会や新年会などは、1日に20を超すこともある。

派閥が家だとすると、派閥はその集まった村である。自民党の議員は、昔は派閥のことをムラといっていた。自民党は村の連合体で、森氏はそれをまとめる「家長」だった。それを海外メディアは「古い日本」の代表として嘲笑したが、こういう構造は日本だけのものではない。腐敗したIOCなどは、村の最たるものだ。

続きはアゴラサロンで(初月無料)。