ニュートンの海―万物の真理を求めて
ニュートンがリンゴの実が木から落ちるのを見て万有引力を発見したという話は、世界一有名な科学的発見についてのエピソードだろう。彼の著作にはそういう記述はないが、彼がそう語ったと同時代の少なくとも4人が証言している。そのポイントは、リンゴが落ちたことではない。

ペストが流行した1666年、ケンブリッジ大学は休みになり、ニュートンは故郷に帰って月の軌道について考えていた。小さなリンゴが地上に落ちるのに、それよりはるかに重い月が地球に落ちてこないのはなぜだろうか、と彼は考えた。それは地球から遠い月に働く力が、リンゴよりはるかに小さいからではないか。

この話をニュートン自身が語ったとすれば、彼の世界観の特徴を示している。それはリンゴと月に同じ力が働くという発想である。凡人はリンゴと月に共通点があるとは思わないが、ニュートンは同じ法則をリンゴと月に適用したらどうなるかと考え、重力が距離の2乗に反比例するという法則を発見したのだ。

しかし彼がそれを『プリンキピア』で発表したのは1687年だった。発表まで20年もかかった原因は、彼の宗教的信念だった。20世紀になって競売にかけられた彼の遺稿には、膨大な錬金術と神学についての論文が発見され、それを買い取ったケインズはニュートンを「最後の魔術師」と呼んだ。遠く離れた天体が互いに引き合うという理論は、異端的な魔術思想だった。

さらに彼はユニテリアンだった。これは三位一体説を否定して世界を一元的な神の秩序として理解する神学だが、当時ケンブリッジ大学教授は国教会の聖職者でもあったので、このような異端は大学から追放されるおそれがあった。このため彼は自分の神学思想を秘密にし、万有引力の概念を封印したのだ。

続きは11月16日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)。