人類の起源、宗教の誕生: ホモ・サピエンスの「信じる心」が生まれたとき (平凡社新書)
学術会議をめぐる騒ぎの隠れた主人公は、前会長の山極寿一氏である。彼は学術会議が2017年に軍事研究の禁止を提言したときの幹事であり、京大が2018年に軍事研究の禁止を決めたときの総長である。

こういう平和主義は彼の学問的信条でもあるらしく、本書でも(彼の専門である)ゴリラは暴力的ではないと説明している。哺乳類の死因のうち暴力は0.3%だが、霊長類では2%だという。人類も歴史を通じてみると2%程度だが、3000年前から上がって15~30%になったという。

人類と戦争の関係については長い論争があるが、最近多いのは、ピンカーのように近代以前の人類は平均15~20%が戦争で死んだという見方だ。彼は狩猟採集時代から一貫して殺人が多かったと考えており、E.O.ウィルソンも暴力の抑止が集団淘汰の最大の要因だと考えている。

これに対して山極氏のように戦争が始まったのは農耕社会になってからだと考えると、戦争は文明の生み出したものであり、それは文明で克服できるということになる。私もそうであることを祈りたいが、少なくとも現代の世界ではリアリティがない。

続きは10月12日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)。