文化がヒトを進化させた―人類の繁栄と〈文化-遺伝子革命〉
獲得形質は遺伝しない、というのは中学生でも知っている進化論の鉄則である。技術が遺伝するなどというと頭がおかしいと思われるだろうが、本書はそういうトンデモではない。著者はハーバード大学の進化生物学教授である。

ヒトの消化器は、霊長類の中でも特徴的だ。口の大きさはリスザル(体重1kg)ぐらいしかなく、歯も貧弱で生肉を噛み切れない。胃の表面積は体重が同じぐらいの霊長類の1/3しかなく、大腸も6割ぐらいしかないので消化能力が劣っているが、小腸の長さは他の霊長類と同じだ。

それはなぜだろうか。本書の答は、ヒトが道具や火を使う技術を学んだからだというものだ。特に火を使って大型動物の肉を焼いて柔らかくできたので、胃や大腸は小さくなった。しかし栄養分を吸収する小腸の機能は柔らかくなっても同じなので、短くならなかったのだ。

これは他の動物にはみられない特徴である。蟻や蜂が巣をつくる技術は遺伝によるものだから、一部の個体を他の場所に移しても、同じように巣をつくることができる。ところがヒトにはそれができない。現代人が無人島に残されると、動物を捕獲も調理もできないので餓死してしまう。

ヒトが石器を使うようになったのは300万年ぐらい前といわれるので、そのころから技術が人体の形を変えたと考えられる。これは獲得形質が遺伝したわけではないが、文化が遺伝形質の淘汰に影響を与えたことを意味する。そういう例は本書に多くあげられているが、そのうちもっとも重要なのが脳の機能である。

文化が脳を進化させ身体を退化させる

ヒトの赤ん坊の頭は産道より大きく、狭い産道を通ってくるため、頭蓋骨は十分癒合していない。これは他の類人猿にない特徴で、この脳容積の拡大は20万年ぐらい前に止まったが、その後も脳の記憶容量は増えた。大脳皮質のしわが増え、シナプスの密度が高まった。新生児の脳は、生後1年で3倍になる。

このような遺伝的変化は、文化的に学習すべき知識が増え、それを記憶できない個体が淘汰されたためと考えることができる。このように親から子に伝達されて蓄積されることが文化の特徴で、このため脳はヒトの身体のなかでもっとも可塑性が高い。

このように蓄積された文化や技術の結果、ヒトの身体的能力は退化し、他人から教わった技術なしでは生きられない生物になった。大きな脳→文化の発達→身体の退化という形で遺伝と文化の共進化が起こったのだ。

脳の機能の中でもっとも重要なのは、人間関係を調整して集団を維持する機能である。ものを信じる行動は類人猿にはなく、ヒトでも3歳児以降にしかみられない。それが宗教や道徳や伝統などに分岐したが、共通の機能は決まったことを疑わないということだ。

あらゆることを疑っていては、膨大な文化を記憶することはできないし、言葉も使えない。子供のころ習ったことを「速い思考」として身につけ、他人をまねて行動することが、ヒトの脳の最大の機能だった。理性による「遅い思考」は、新石器時代以降に発達した機能である。