コロナ騒動は、政府がマスコミにあおられてゼロリスクを求めた点では福島第一原発事故と似ているが、違う点も多い。最大の違いは、専門家会議を初めとする専門家が当てにならなかったことだ。

福島のときは原子力の専門家の意見は一致しており、あの程度の事故で死傷者は出ないとみていたが、専門知識のない活動家が民主党政権を乗っ取って大混乱になった。それに対して今回は感染症の専門家の中でも、大したことないという意見と感染爆発が起こるという意見が対立した。

福島で騒いだ「放射脳」はトンデモの類で原子力の専門家はほとんどいなかったが、今回騒いだ「コロナ脳」には専門家もいた。特に医療クラスタ(医クラ)が、こんな感じで私にもからんできた。

EZE3A1fUMAAO_Iv

この予想に従えば、5月28日に日本のコロナ死者は3万5000人になっていたはずだが、6月24日現在でも967人。このようにわかりやすい無知蒙昧は大した問題ではない。よくあるのは「何もしなかったら42万人死ぬ」という予測は何かした場合のデータで否定できないという話だ。

vvv

これは論理的には正しい。「何も介入しなかったら42万人死ぬ」という命題は仮定が偽なので、どんな結論も真になる。たとえば「何も介入しなかったら1億人死ぬ」という命題も真である。この対偶は「1億人死ななかった場合は何か介入したはずだ」という無意味な命題である。

このように素人だけでなく専門家にとっても、理論は事実で変えられない。実証主義というのは、人々が思っているほど自明の原理ではないのだ。

続きは6月29日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)。