銃・病原菌・鉄 上巻新型コロナは南米に拡大し、ブラジルでは死者が累計5万人を超えた。他方で日本の死者は21日は1人。アジア・アフリカに拡大する兆候はない。どうやらコロナは世界的なパンデミックではなく、ヨーロッパ文化圏に固有の風土病のように思われる。

こういう現象は歴史的には珍しくない。いま黒人の怒りの対象になっているコロンブスが新大陸に到着したあと、スペイン人がわずかな軍勢でアメリカ大陸を支配できた原因は軍事力ではなく、彼らの持ち込んだ天然痘が新大陸に急速に広がったことだった。

先住民の人口は、その後100年間に95%減ったと推定されているが、これは彼らにはヨーロッパ人の持ち込んだ疫病に対する免疫がなかったことを示す。先住民はモンゴロイドで、ベーリング海峡が陸続きだった時代にアジアから渡ったといわれている。遺伝的にはアジア人とほぼ同じなのに、なぜ彼らには免疫がなかったのだろうか?

本書はその原因を家畜に求める。ユーラシア大陸は東西に長いので、広い地域で同じ穀物を栽培して多くの家畜を飼育できたが、アメリカ大陸は南北に長いので大型哺乳類に適さず、1500年ごろには家畜が5種類しかいなかったという。このためユーラシアでは家畜からの感染で免疫ができたが、新大陸ではできなかったというのが本書の仮説である。

清潔な環境ほど感染症に弱い

これをフローチャートにしたのが、第4章の次の図である。ここでは「東西に長く大きな大陸」が原因で「疫病・免疫」が結果という単純明快な因果関係があるが、これは本当だろうか。

guns2

ダイヤモンドによれば「新大陸発見」のころ先住民は新大陸に3000万人しかいなかったというが、これはヨーロッパの1割程度であり、人口密度は低かった。農業や畜産をしなくても、狩猟・採集だけで生活できたと思われる。

彼らがアジアから渡ってきたのは2万5000年ぐらい前なので、少なくとも天然痘(1万年前に発生したといわれる)のウイルスは新大陸にはなかっただろう。その他のペスト(中国由来)やマラリア(アフリカ由来)の病原体にも、新大陸にはなかったと思われる。

このような強力な病原体が進化するにはいろいろな条件にめぐまれる必要があるので、新大陸にわずかの家畜しかいなかったように、強力な病原体がいなかったと考えることは不自然ではない。

ただ当時のヨーロッパ人が世界でもっとも感染症に強かったことは事実だろう。14世紀にはペストで人口が30%以上失われ、天然痘にはほとんどの人が感染した。したがって当時のヨーロッパで生き残っていたのは、こうした病気の抗体をもっているか自然免疫の強い人だけだった。

このユーラシアと新大陸の関係は、今回のアジアとヨーロッパに似ている。コロナウイルスは東アジアではありふれた鼻風邪であり、大した疫病ではなかった。それに対してヨーロッパでは、コロナに対する免疫がなかったと思われる。家畜も飼わなくなったヨーロッパは過剰に清潔になり、免疫力が弱まっていたのではないか。