疫病と世界史 上 (中公文庫 マ 10-1)新型コロナウイルスの世界的な流行は、先進国では過去のものと思われていた疫病(感染症)の脅威が、今なお大きいことを人々に思い知らせました。人類の歴史の中で、疫病は戦争と並んで生命をおびやかす最大の危険でした。

戦争に勝ち抜くために国家が生まれたように、疫病と戦うために宗教が生まれました。多くの未開社会に世界を浄と不浄に分類する呪術があり、死者を隔離する墓地や葬儀があります。これは今では機能的には無意味な儀式と思われていますが、人が世界を分類することには、疫病を防ぐ意味があったのです。

続きはアゴラで。