山中伸弥氏が「日本の感染拡大が欧米に比べて緩やかなのは、絶対に何か理由があるはずだ」という。彼はその理由をファクターXと呼んでいるが、具体的には語っていない。

そのために抗体検査が必要だというが、厚労省や東大の検査結果では0.4~0.6%で、ヨーロッパに比べてもきわめて低い。つまり集団免疫が成り立っていないことは明らかだ。

だとすると日本人の死者が少ない原因は、何らかの意味でコロナに対する免疫力をもっているためと考えられる(免疫力という言葉は要注意だが、ここでは自然免疫を含む広い意味での抵抗力の意味)。その原因として、最近あげられている説を紹介しよう。
  • アジア人のHLA(ヒト白血球抗原)などの遺伝的な特性:これは医学的には考えられ、論文も出ているが、ヨーロッパの調査ではアジア系の死亡率は白人より高い。これは所得などの要因も考えられるが、少なくとも遺伝的にアジア人がコロナに強いという証拠はない。

  • 他の種類のコロナウイルスに対してすでにもっていた抗体の交差反応:これは読売新聞が報じたもので、原論文はCellに掲載された。これも以前からある説だが、アジア人の抗体が100倍も強力だとは考えにくい。

  • 東アジアには早くからコロナ系ウイルスが入っていて免疫記憶ができた:これは児玉龍彦氏らのグループが発表したもの。免疫グロブリンのうち初期に対応するIgMと、それが分岐したIgGがあり、日本人にはIgGが多かったので過去に感染した経験があるという。これも考えられるが、そのウイルスが特定できない。

    vvvv
  • BCG仮説:疫学的な検討は進んでおり、Miyakawa et al.は考えられる擬似相関の要因をすべてコントロールして、相関があるという結論を出している。

これらの要因は、競合的ではなく補完的だと思われる。一つの要因で100倍の違いを説明することは困難だ。東アジアの「風土病」だという説は、東欧や南米でも死亡率が低い原因を説明できない。むしろ西欧に固有の脆弱性と考えたほうがいいのかもしれない。

続きは5月25日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)。