新型コロナの感染者は世界に広がっているが、日本だけはその例外になっているようにみえる。次の図はジョンズ・ホプキンス大学のCSSEデータベースから人口1000万人あたりのCOVID-19の感染者(陽性と確認された症例)の数を国別に時系列でみたもの(対数グラフ)だが、多くの国で指数関数的に感染者が増えているのに対して日本の増加率は低く、感染率はアメリカとカナダに次いで少ない。



続きはアゴラで。