新型コロナは、日本では大きなリスクではない。感染力も致死率も季節性インフルエンザ並みだ。WHOの統計ではドイツの感染者は545人、フランスは423人となり、日本の364人を抜いた。日本の感染者は増えているが、重症患者は27人で死者は6人。「感染爆発」が起こる状況ではない。

w

それに対してインフルエンザは毎年流行し、1100万人が感染した昨シーズンは3000人が死亡した。インフルの客観的リスクを感染者で比較するとコロナの3万倍、死者では500倍だが、人はインフルよりはるかにコロナを恐れる。それはインフルが既知の危険(known unknowns)であるのに対して、コロナが未知の危険(unknown unknowns)だからである。

インフルは毎年起こるので死者も予想できる(平均1000人)が、コロナの死者は激増して1万人を超えるかもしれないし、10人ぐらいかもしれない。そういうとき人は、最大の危険を最小化するミニマックス原理で行動する。こういう不確実性回避のバイアスは、1960年代からエルズバーグ・パラドックスとして知られている(リスク回避とは違う)。

インフルは予防接種で防げるが、大人の25%しか予防接種を受けない。これは75%の人にとっては、インフルの主観的リスクが予防接種のコスト(8000円程度)より小さいからだ。ところがコロナについては、人々は旅行や会合をキャンセルするコストが何万円になっても気にしない。それだけ心理的な不確実性プレミアムが大きいからだ。

続きは3月9日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)。