きのうブログ記事でWHOと中国政府のCOVID-19についての共同報告書を荒っぽく紹介したら、橋下徹氏からコメントがついて多くの人から反響があったので、誤解のないように補足しておく。特に日本の一斉休校とからんで注目されるのは、次の記述である。

18歳以下の個人に関するデータは、この年齢層の攻撃率が比較的低いことを示唆している(報告されたすべての症例の2.4%)。武漢ではサンプルの検査の中で、2019年の11月と12月および2020年1月の最初の2週間に陽性の子供はいなかった。[中略]

感染した子供は、大人の世帯での接触追跡で主に特定されていることがわかった。特に共同チームがインタビューした人々は、子供から大人に感染したエピソードを思い出せなかったという。(p.11)

続きはアゴラで。