地球温暖化については、いまだに論争が続いている。科学的データはIPCC第5次評価報告書にあるが、これは読みにくいので、よくある疑問を一問一答形式で整理しよう。

1.温暖化は中世にも起こったのではないか?

これについては多くの研究があるが、次の図のように西暦1000年ごろの北半球の気温が20世紀後半と同じぐらいだったことは共通している。その最大の原因はCO2ではなく、太陽の活動が活発で雲が少なかったためと推定されている。

2000_Year_Temperature_Comparison
中世温暖期(Wikipedia)

2.CO2濃度の上昇は温暖化の原因ではなく結果ではないか?

過去40万年の長期の周期をみると、次の図のように温暖化の後にCO2が増えている。氷河期の終わる原因は地球の公転軌道の変化だが、それによる温暖化で海水から出るCO2が増えると、その温室効果で大気の温暖化が促進されるフィードバックが起こる。

Milankovitch_Cycles_400000
CO2濃度と平均気温

3.太陽の活動の影響ではないか?

太陽の放射照度は次の図のように、1980年代から低下している。全体として自然要因は寒冷化の方向に変化しており、それを人間の活動が逆転させているというのがIPCCの説明である。

TvsTSI
太陽活動と平均気温

4.宇宙線の変化が原因ではないか?

太陽の磁場が強まると宇宙線がそれに吸収されて減り、宇宙線によってできる低層雲が減って温暖化するという説がIPCCでも取り上げられたが、次の図のように、これも80年代から相関が崩れている(宇宙線が増えて温暖化した)。

cosmic_temp
宇宙線(逆スケール)と平均気温

5.温暖化は都市化による局地的な現象ではないか?

都市化によるヒートアイランド現象は明らかで、東京の平均気温はこの100年に3℃上がったが、そのうち地球温暖化は0.74℃と推定されている。


ヒートアイランド現象(産総研調べ)

続きは1月27日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで(初月無料)。