人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス)
2019年の地球の平均気温は、観測史上2番目だったという。この「観測史上」というのが曲者で、気温が観測され始めた1850年から現在までの170年は、46億年の地球の歴史の中では一瞬である。西暦1000年ごろは今よりも暖かく、グリーンランドはその名の通りグリーンだった。

ではそれより長い地質学的なスケールで見ると、現代はどう位置づけられるのだろうか。そういう研究が正確にできるようになったのは、最近のことである。地層に含まれる炭素の放射性同位元素の量を測定して、その年代の気候が正確に推定できるようになったのだ。

福井県にある水月湖には、そういう年縞と呼ばれる地層がきわめて安定して蓄積されており、過去15万年の気候を推定できる。これは世界的にも珍しいサンプルで、今ではこの分野の世界標準になっているという。次の図が、本書の156~7ページにある水月湖の気候の歴史である。

suigetu

この図でわかるのは、地球の気温は氷河期と温暖期を繰り返しているが、今は例外的に温暖な時代だということである。気温の最大の周期は地球の公転軌道の変化で起こるが、その軌道は徐々に楕円から円に近づき、地球は太陽から離れて寒冷化してきた。ところが農耕が始まった1万2000年前から、そのトレンドから飛び離れて温暖化した。地球温暖化は、産業革命以後の出来事ではないのだ。
 
続きは1月20日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。