文化がヒトを進化させた―人類の繁栄と〈文化-遺伝子革命〉
「地球温暖化で人類が滅亡する」というのは錯覚である。人類は産業革命以降の200年で爆発的に増加し、地球の人口は今世紀中に100億人に達すると予想されている。人類以外の動物は大量絶滅の危機に瀕しているが、人類は繁殖しすぎて困るのだ(地球の気温はほとんど影響しない)。

このように短期間に人類が繁殖した原因は、遺伝子ではない。人類の遺伝形質は、ここ1万年ほとんど変わっていない。その最大の原因は文化だというのが、最近の人類学の通説になりつつある。

もちろん文化(獲得形質)が遺伝するわけではないが、言語習得能力は遺伝的にそなわっているので、文化は子供に伝えることができる。これは遺伝的な進化とはまったく違うメカニズムである。遺伝的な突然変異はランダムだから、環境が変化したとき、それに適応できない個体が淘汰されるという盲目的な形でしか進化は起こらない。

それに対してホモ・サピエンスは、生存に適した行動様式を親が子に教育し、習慣や道徳として継承した。文化的な進化は柔軟で変化の幅が広く、特定の目的にあう形質を選んで残すことができる。それを可能にしたのは脳の発達だが、このときもっとも重要な能力は理性ではなかった。

続きは12月30日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。